つくること、その3

こういう話もある。

ちょっと遠い知り合いのお子さんは、
とある分野において、とても優秀で、
将来を期待されているので、
お母さんも一生懸命サポートしていました。

毎日遠くまで車で送り迎え、お弁当、
スケジュールや体調の管理。それは当然
お子さんへの愛情がベースなのだけれど
だからこそお母さんも頑張れるのだけれども
頑張っているのすら楽しいはずなのだけど

そのお子さんは、心の病になってしまって、
下手したら命にも影響するかもしれない
そんな状況に今いて。

お母さんは、お子さんの環境を一生懸命
「つくって」いた。けれども、
愛情がベースで始まったその生活も徐々に、
目の前の時間に追われるようになったり、
「やらなくちゃならない」になっていった
としたら。
その時お母さんはもうその子を見てないし
お母さんが応援を楽しめていない、とも
言えるのかもしれなくて。

子どもはいつだって、
お母さんが何をしてくれているかではなく、
心の目で自分を見てくれているのか、って
その確認をしているのだと思う。

お弁当を作ることも、環境を作ることも
大切なんだけれど、もっと大事なのは、その
大切にしたい人との「関係性をつくる」事。
見えているものの奥にある関係性を、
一緒につくることが大事なんだと思う。

そのお母さんは、お子さんが心配で心配で、
一生懸命「権威ある」お医者さんを探して、
お子さんと相性の合わない
(本人が嫌がっている)その先生に、
お子さんを任せている。
お子さんが元気になるように一生懸命。
これだって愛情で、誰も悪くない。

誰も悪くないけれど、どこかがズレていると
人は、病気になったり、問題を作ろうと、
それに合った事象を無意識で起こすけれど、
起こってからしかわからない事ばかりだから
人はそこから、学ぶしかない。
本当はどうしたいのかを。

できれば肉体があるうちに。
子どものことなら、一緒にいるうちに。
私ならそう思ってしまう。

そういう意味で時間って本当に大事だと思う。

使命って「命を使う」だから
毎日一生懸命生きる事がもう使命なんだと。
初めて聞いた時は、自分も探していた時期で、
それはそれは衝撃的でした。
使命を探している時間自体、
もうすでに使命から離れているんだ。
ほんとうに、その通りだな。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
Commented by nyao at 2018-05-30 10:58 x
こんにちは。
私はライブ配信よりも、ブログのほうが心に響きます。
「使命」
日々がすでに使命なんだ!!
そして料理や洗濯や・・・日々つくり出しているんだ!
と、感動してしまいました。
一日一日を大切に、丁寧にしていきたい。
ちょうど高3の息子との一緒にいられる時間、
を考えてお弁当を頑張り始めたところでした。
これからは
「関係性をつくる」
本当はどうしたいのか、もよく考えていきたいと思いました。
自分のことなのに
自分の本音って簡単に見つけられませんね(-_-;)
いつもきっかけをありがとうございます。

Commented by 4cubes at 2018-05-30 17:43
> nyaoさん

お好きなところから何か届けば幸いです
╰(*´︶`*)╯

そう、我々の毎日はクリエイションなんですね。
便利なサービスも、そしてそれを選ぶ自由もあるんだけど、本質的に何をやってるのかに気がつくと、なんでもない日常を宝物にすることもできますね。

こちらこそありがとうございます😊
by 4cubes | 2018-05-30 09:06 | 潜在意識 | Comments(2)

数秘と心の仕組みで、ほんとうの自分を生きるお手伝いをしています。


by のりこ