引き寄せと具現化の親和性

先日、これからの7年間は、
感じた事や素直な想いや、理解を
より具体的にしていく時代になるらしい
(いろんな人がそう言っている)という
話に少し触れたのですが、

個人的にもその流れは感じます。
なんとなく良い気分になる事や、
良い気分を選択することはできる。
でも、それだけでは、なんだか曖昧で、
観念的なもので終わってしまうから。

もっとクリアに、自分にはこれができる
という万能を感じる喜びや、より具体的に
生きていることに感謝していきたいと
思う人は、それぞれ心の中で温めた想いを
形にしていくんじゃないかなと思います。
私もそうですし。

それは物質的なお金や地位を得ることが
目的の、近代的なものではないし、
みんなが幸せになるような設計をして、
それを真の喜びだと実際に感じて、
そこにお金や時間などをまわすという、
そういうもの。

そのために「引き寄せ」というのは、
ここにきて必要なのだとも感じます。
幸せな形を作っていく、
描いた事をリアルに表現するには、
外せなくなってくるのかなと思う。
引き寄せについては沢山の書籍があり、
色んなところで話されている事ですが、
ざっくりとした理解では、なかなか
具体的にしていけないくらい、
逆にいうと、精度の高いものであり、
信頼のおけるものだと思います。

また、個人的に思うのは、
引き寄せも、観念的な要素が強いので、
そこからさらに発展的に、
形にしたものをどうメンテナンスして
いくのか、常に整えていくのか、
というところが、大事になるのかな、
という気がしています。

近代から次の時代への変革期です。
ほんとうにそんな時代に、自分がいる。
流れに乗りながら、流れを作り、
人を巻き込む事業をしていく。
場を作っていくのを目的にしています。

いただきもののブローチは、
タイルを削って作ってあります。これを、
やはり人の温かい手から手にした人が
誰かにあげようと思った時に、
私のことを思い出してくれたそうです。

見目形のデザインの良さだけでなく、
人のご縁があるものにエネルギーが宿る。
こういうものがそのまま、お金と一緒に
手から手に渡っていく、それが
これからのビジネスだと思います。


a0352853_13463843.jpeg

■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-06-04 09:57 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ