息子との会話


息子が朝「お腹すいたーパンケーキ焼いて」
と言うので「ブログ書いてるから待って
今乗ってるねん」
とそのまま書き続けて、45分経った頃
「まだ?」と催促がきたので
「うん、まだ終わってない」と返事したら

「もう45分も経ってる」と言うので
「お母さんに依存してる以上、しょうが
ないやん?自分で作ったらええやん?」
と返しました。

「でも「今は」作れない、俺」
(彼は食べ物に執着がまったくないので、
料理もまったく覚えません。もちろん
料理と言えるほどのものじゃないので、
難なくできるはずなんだけど、彼は
やらない。やらないというより、
やらないと決めているような感じ)

「うん、お母さんも「今は」作れない。
同じやね。」(投影www)

と言うと「も、いい」と
部屋に引き上げていきました。

そこでまたブログ書いて、終わった時に
「終わったけど食べる?」と聞くと
「うん食べる。」
と戻ってきて、ぺろっと食べました。

そんな感じの優先順位で暮らしていると、
一般的な朝ごはんの時間に食べる事が
できないことははままあるし、
生活リズムも崩れているように見えますが、
その時の気分や気持ちに従うことが
本当に大切なリズムだと思っているし、
そうしているといつもニコニコかというと
そういう事でもなくて、不満な気持ちを
ちゃんと出す事や、それも自然である事、
どういう態度でいるか、について
どんな反応も特別視しない、
その環境が、全員にあります。
(2人しかいないけど)

言葉では難しく感じますが、決して、
気分に従えば、なんでも良いとか、
生活リズムがなくても良いとか、
そういう事ではなく、基本ができつつ、
つまり、TPOがきちんとわかっていて
(それが必要な時にはできる上で)
やるという事です。

作る事を覚えれば、他人に依存せずに、
自分の体の声のタイミングで料理ができる。
(だから料理を預かる事が多い主婦は、
潜在的な強さがあり、幸福度が高いに
繋がりやすいと思う。)

ただの作業だったら、私も中断して
パンケーキ作ったかもしれないけど
自分の気分が乗っている時は、そのまま
続けたいからそれを選択します。
依存している以上、彼が待つのは当然。
これから先、同じ思いをしたくないなら、
作ることを覚えれば良い。
(今の彼は、作るよりは食べない方を
選びますが、まだまだ、作る事ができる
強みを本当にはわかっていない。
トライ&エラーを繰り返し、
これから学んでいくと思う。)
と言葉で書くと厳しいようだけれど、

これは私にとっての「三方良し」の考え。
彼が自分で自分の世界をクリエイション
できるように、それを学べる機会の「良し」
私は私の機嫌を歪めない「良し」です。
あくまで私の考える「三方良し」なので

自分も仕事ができて、彼の目の前の機嫌を
良くもできる、という形の「三方良し」を
クリエイションする人もいると思う。
それもそれで良いと思います。
わたしは、前者です。

自由を得たい人ほど、自分で色々と
できるようになったり、選択を増やす。
これが心を強く自由に生きていくための
基本的な事なんだと思う。
時代がどんな風に変わっても、
自分でクリエイションする力を養う事に
なるんだと思います。

お金をたくさん持っていたり、
学力が高い事を「選択肢を増やす」だと
思っている人もまだ多いと思うけれど、

お金をたくさん持っている事は、
お金で買える物の選択肢が増えるだけで、
お金に価値がなくなる時代になれば、
(もうそうなる事をどこかでみんな
わかっていて、お金を持っているだけの
人の潜在的な不安もすでにあると思う。)
本質的な選択肢はとても狭く、

学力も同様で、学力が高くても、
それを使えなきゃ意味がないわけで、
学力そのものがアウトソーシングできる
時代(つまりネットが教えてくれたり、
AIがやってくれる時代)には、
学力そのものを持つ事に意味はなく、
いかにそれを使えるか、という事が
大事になってくるわけです。
「使える」能力を養うには、
良質の想像力が必要。
それと、コミュニケーション能力。
能力というよりも感性でしょうか。

ゲームをやっているかどうかではなくて
部活をやっているかどうかでもなくて、
成績がどうこうでもなく、
友達が多いとか、そういうことでもなく、
好奇心があろうがなかろうが、
モテようがモテなかろうが、
ブロックやトラウマがあってもなくても

自分の内側を、まっすぐ見つめ、
自分の本当に望むものの本質を知り、
意図的に、自分の世界を創っていくこと。
これがこれからを生きる全員に求められ、
子どもたちにも必要なことであり、

そのために親は、自らそうであること。
が、何よりも大事だと思っています。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-06-11 15:30 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ