備忘録

引き寄せだとか願望達成だとか、
そういった種類の本によくある内容や
セミナーなどで話されている内容も、
仮にそれに大金を払ったとしても、
私たちが知り得る事が可能な程度のものは、
その情報が届く頃には薄まっていたり、
そこに至るまでのいろんな意図により
捻じ曲げられたりしていて、
細部まで正確な情報は、伝わらない。

例えば投資などの、お金に関する
ほんとうの価値ある情報は、
上の方の人だけでまわっていて、
その辺の本には書かれていないし
(書かれていたとしても、末端向け)

どんなにお金だけあっても、
その層にいなければ入ってこない情報や、
買えないものがある。
お金は後づけなんですよね。
お金じゃなくて、情報を持っているから
結果的にお金になる。

これはもしかして、引き寄せや成功法則も
同じなのではないだろうかと思っていて。

ロンダバーンの「ザ・シークレット」は
思考が現実化するという秘密を、
富裕層の中でしか語られなかった秘密を
解き明かしている、という話ですが、
(読んでないんですが)

おそらく今も、むしろ今はもっと巧妙に
そういう話が存在するんじゃないかと
漠然と感じています。
色んな人の口から、
「体験」は真実として語られているけれど、
(その体験すら、嘘も多いですけれど)
いわばただの個人の感想なわけです。
「法則」は語られていない感じがする。
きっと大事なのはそこだと思うのに。
皆がぐるぐる同じところを回り続けていて、
それを上から見ている人がいる。

どれだけ語っていても、
その色んなフィルターがかかった、
モヤっとした末端の情報に食いつきながら、
ちょっとだけ広い気がする程度の枠の中で
我々は、あーだこーだしているわけで。
狭い世界で一国一城の主になった
気がしているだけの小さい人でしかない。

ではそこから、私たちは、
何を生む事ができるのだろうか、と思うし、
自分なりにそこに喜びがあって、
なぜかこういう事が楽しく感じます。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
Commented by くどう ちはる at 2018-07-29 23:36 x
ブログを読んでいて思い出した事があります。
タイタニックの映画を観ていて、お金で救命ボートを確保しようとしたのに出来なかったことです。生きて帰ることができるかわからない最中にお金の価値なんてない。
私は時々一万円札を見ながら、この一万円札は交換できる前提で一万円の価値があるけれど、もし、例えばすごく空腹だったとして、食べ物と交換してもらえる状況でなかったら、この紙きれでお腹いっぱいにはならないんだよな。と思う事があります。
何でもそうだと思いますが、物をどんなに持っていたとしても幸福とは関係ない気がします。
自尊心や友達、命や必要なだけの時間、そんなもろもろの目には見えなくても確かにあると感じられる心が豊かさを運んで来てくれるような気がします。
Commented by 4cubes at 2018-07-30 13:48
> くどう ちはるさん

ほんとそう、そういう本質にどれだけ気づけて、体幹として感じられるかだと思います。
理屈でわかってる人はとても多い。でもそうならば、本当にわかっているのなら、世の中がこんなことにならないはずなんです。
まだまだお金の幻想、学力の幻想、持っていれば安心という感覚、集合的にあると思います。

タイタニック、私も観ました。
ほんとそうですね、象徴的なエピソードだと感じました。
by 4cubes | 2018-07-22 10:16 | 潜在意識 | Comments(2)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ