太陽の塔と、不安定を楽しむ生き方


a0352853_09161083.png

大阪で4回目の6ヶ月プログラム、それから、
太陽の塔の内部見学と、偶然開催中の
あべのハルカスの「太陽の塔」展に。

大阪万博は、私が生まれる2年前でしたが、
この時代に岡本太郎が採用されたのが
一番の驚きでもありましたが、
一方で、時を進めても、
全く成長を感じられない今の時代では、
これだけまぎれもない人類の真理は、
更に採用されていなかったに違いない、
人は果たしてほんとうに、
成長というものをしているのだろうか、
という事を考えさせられました。

不安定を最高の喜びと思える心持ちで、
これを見ると、心から感動が生まれます。

リスクを取るという事も、
プロセスが大切だという事も、
チャレンジする事も
失敗するという事も、
大切だよ、という事がよく語られますが、

抽象度を上げると「不安定」ってこと。
不安定が大事だよと言っているんですね。
リスクを取るって、心が落ち着かないし、
プロセスの過程では、結果が出ていない
という意味で落ち着いていないんだけど

その先に、得たい結果があるから、
そこに向かう過程として通る道だという事。
それに良い悪いはなくて、
もうそういうものであるし、
実は結果よりも大切で、全てじゃないかな。

変化って、仕事で成功するのも、
玉の輿に乗るのも、有名人になるのも、
まあそうですが

ふつうに望む、
旦那さんの出世、子どもの受験合格、
懸賞当選、時給UP、など、
日々のささやかだと感じられるような
幸せについても、何かしらの不安定の
先にしか存在しないんですね。

だから、不安定を恐れるのではなくて、
肯定できるように生きる方が、
誰にとっても楽なんじゃないかと思います。
不安定を否定していると、プロセスも
全然楽しめないし、人生楽しめてないのと
同じことになるし。

不安定はどうも、心のどこかで
「悪いもの」
「良くないもの」
「ない方が良いもの」
と捉えがちなのですが。

普段引きこもる私は、時々大阪に行く事が
まず不安定であり、
(そもそも故郷だし、楽しい計画ばかりで
行けば楽しいのわかっていても、無意識に
出発の瞬間「早く帰りたい」と浮かびます。
これはいつもそうで、癖のようなもの)
負荷がかかっている状態。
でもそこでやめず、それでも行く事で、
実はなーんも考えずに行くよりもずっと、
吸収する事が本当に多くなるし、
人生の風景が一段階変わります。

こういうのも不安定。
そしてその不安定を通して、変化が起こる。
どうせ起こるなら、
こういうものなんだなって、前向きに取ると
自分にとって望ましい結果が出てきます。
引き寄せも「質の良い不安定」の先に、
起こるんですよ、これ本当です。

数秘で5という数字がありますが、
5はその性質のキーワードに
「変化、成長、冒険、スリル」などがあり、
性質としては、非常に単純に説明すると、
「冒険したいけれど怖がり」という感じになる。
「うちの子、やりたいって言う割には怖がって
なかなか始めないんです」という事を
悩むお母さんもいらっしゃいますが、

それ、セットなんです。
5という性質を持てば、成長もあるし、その分
怖いというのもセットなんです。

(注)5を持ってないと成長しないとかではない

脱線しますが、ちなみに5を持っていない場合、
どこで成長するかっていうと、5を持っている
人と一緒にいる事で、成長するんですね。
その代わり自分は別の性質を人に与える。
補い合う関係性が、数秘からも見えてきます。

コインの表だけ欲しいっていうのはできない。
言い方を変えれば物事の全てはトレードオフで、
何かを得れば、別の何かをその分失う。

その両方を肯定できれば、怖くなくなるし、
いろんなことに自然にトライできるようになり、
もっと人生を自由に楽しむこともできる。
そういう人生を自ら選ぶこともできる。

それを先に自分のものにしてしまうのが、
遠回りなようで、一番の近道なんだと
経験上、思います。
今、私の日々の怖いことって、Gくらいです。
あれはなかなか前向きになれないやつ。


■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
Commented by ちは at 2018-09-22 23:29 x
こんばんは。先日のコメントからずっと考えていて、ムスコ、その時期じゃない、っていうのは彼なりの迷いなんじゃないかって。根本的に自分は進学したいのか。それがあるんじゃないのか、と。今日も来年のクラス希望で国立コースを選択したけど、今の成績では入れない。そもそも、自分の興味がある学部とは違う気がする(行きもしない、調べもしない、のに、です。)本当は夏休み明けのテストも参考にしてくれるはずだったけど、台風で中止になったから、もう今度の考査もどうでも良い、と。それとこれ、一緒にするの?そうやってやらない選択を選んではいないか?と感じるのです。私は行く、か、行かないか、やる、か、やらないか、それを自分で選択する事がまずは一歩なのかな?と思うけど、まだそこのところで本当は迷っているんじゃないかな。と。今日の不安定の記事を読んで、彼は不安定を乗り越える自分が想像出来ないのかもしれない。と感じました。勝手にぐるぐるしちゃう自分がいます。のりこさんだったらどうしますか?
Commented by 4cubes at 2018-09-23 13:06
> ちはさん

ほっときまーす!

悩んだり
考えなかったり
適当に済ませたり
調べなかったり
選択すらしなくても

それは息子さんが考えることではないかな?
Commented by ちは at 2018-09-23 16:50 x
はっ!そうでした。いつだってそうやって彼は彼のペースで、それを良し、としていました。
今回は、自分が未経験の事を彼を通して体験出来る!その自分の気持ちが彼を放って突っ走って良いのか?と一緒にしてしまったのが一番根底にあると発見しました。彼がどうであれ、私は私。そこで興味が出て調べたい、見たい、と自分の気持ちに正直になっていいんですよね?彼の為、じゃなく、自分の好奇心を満たす。それだけで進んだって良いですよね。
Commented by 4cubes at 2018-09-23 17:41
> ちはさん

良いか悪いかも、進むか進まないかも、
ちはさんが自分で決めれば良いと思うよ。

自分の好奇心を満たすという事を上手な言い訳にして
実は息子さんを詮索している、という側面は大いにあるように感じます。
(この先も)

人間、なかなかそこ切り分けられないですからね。
でもそれをしないと、お互い自立もできないと思います。
by 4cubes | 2018-09-21 10:18 | 潜在意識 | Comments(4)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ