なぜ、が多いと引き寄せの力は強い

例えば
「うちの娘、ジャニーズの●●くんの
大ファンで、バイト代全部そこに使うの」
と言う人がいたとして、
「ジャニーズたくさんいる中で、
どうして娘さんは●●くんが良いの?」
と聞くと

「知らない。聞いた事ない。」

のように仰る方が、ほんっっとに多い。
(ちなみに↑の話も実話)
これは自分の体感的なものであって
統計上はよくわからないのですけれども
そんだけ熱中できる理由が知りたいなー
と私はいつも思います。
そこにかけるエネルギー、凄い才能だから、
その中味、知りたいじゃないですか。

世の中はすべて、理屈ではわからなくとも
あらゆる事が引き寄せの結果であり、
その引き寄せというのは「なぜ」の部分が
現実化しているだけなので、
つまり「なぜ」の部分を理解していると
どうしてこの現象が起こるのかがわかるし、
自分の望みを引き寄せている実感も
伴うので、結果的に引き寄せに強い。

簡単に言うと「なぜ」の多い人は、
引き寄せ体質であり、何を引き寄せたいか
明確であり、それを体現できるって事。
運の良い人、というのも「なぜ」が
大いに関係すると私は考えていて。

そしてその「なぜ」も思考の癖だから、
鍛えようと思えば簡単に鍛えられる。

今の教育が、こう、技術的な事とかに特化
してて「上手に絵を描く方法」みたいな
テクニックに寄りがちで、
「なぜ」を考える機会があまりになくて。
習い事でも何でもそうだけれども、
成果出します的な事に偏っている気がする。
それも大切な1つではあるのですが、
やはり片手落ちなんだと思う。

大事なのは、技術的なこと以上に、
「なぜ」の部分。

どうしてその習い事をするのか。
それを通してどんな感覚が得られるのか、
他の人は、どう感じているのか。
あの子は、どうしてそれを描いたのかな?

そういうことを、実際に何かを作ったり、
体を動かしたりしながら考えることで
自分なりの捉え方、自分なりの考えが
まとまっていくし、
それを人に伝える事ができるし、
また、人の話も同様に聞くことで、
別の考えを認識し、取り入れていきながら
自分を取り巻いているもの全体への
理解が深まっていく。

ジャニーズの●●くんが好きな娘さんに、
なぜその彼が好きなのかと聞けば、
もしかしたら「理由なんてわからないけど
キュンキュンするから」なのかもしれない。

でも体験したいことはまさにその
「キュンキュン」なのだし、

親だって「●●くんを好きな娘」じゃなく
「キュンキュン幸せにしている娘」を
感じたいのだと思うしね。

正解なんてなくっても、自分の「なぜ」や
友達の「なぜ」を考える事は
とても大事な本質を知る事になる。
こういうのは学校では教えてくれない。

キュンキュンしたい、が自分の望みの
本質だと知っていれば、
もしその●●くんが例えば引退したとしても、
自分の幸せのために、
「●●くんでないとダメだ」みたいな事には
ならないわけで。
自分で選択し直す事ができる。
そういう娘を親も見る事ができる。

そうして、学校に行くとか行かないとか、
宿題したとかしてないとか
約束を守ったとか守ってないとか
そういう表面的な事に捉われにくくなって、
子どもが何やってても何も思わなくなって
どんな話も面白く聞けて、
そうすると子どもは親を信頼して
何でも話してくれる。むしろ話したくなる。

親が本当に望んでいることってこういう事
じゃないかなと思うのだけど。

そうなってくると、親の方も、
家族のために貯金したり働いたり、
日々のことをする事が、楽しくなってくる。
幸せな顔を見たくて自分にできることを考え
そのプロセスも楽しめるようになると思う。

貴重な時間もそんな幸せのために使おうと、
SNSを見る時間は減るし、
好きでもない人に気を使う時間もやめて、
いつも幸せの中にいる事もできる。

そんなふうに回っていると思う。


■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-09-24 18:29 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ