内申点

高校進学率100%に近い日本。
それはある意味凄い事です。
全国の、義務教育を卒業する子ども達、
そのほとんどが学校を決め、受験して、
色々ありながらもどこかに決まる、
という結果を、
確実に100%に近い数字まで持っていく
って事だと思うので。

「気がついたら受験終わってた」
なんて子は1人もいない。

別の視点では、そこに合わせて、
みんなが動いているとも言える。
そこに持っていくために、
何かしらの基準やシステムが必要だと思うし、
その1つとして、内申点というのが、
存在するのだとも思います。

ただ、本来それは進路決定のための
便宜上の基準、であるはずなのに、
「内申を良くすること」が目的になり、
それに合わせてやったりやらなかったり、
言いたいことが言えなかったり、
頭一つ飛び出すことができなかったり、
そういうことが大いにあると思う。
無意識に、先生に嫌われないように、
内申のために、やりたくない事にも
手を挙げたり、気持ちの全く入らない
ボランティア活動をしたりするのかも
しれない(学校もさせているのかも)
人生の中で「ボランティアってこういう
もの」と学習してしまう方が恐ろしい。

制度としては内申というのは、
今の日本の中ではきっと必要で、
当然今すぐなくならないけれども、
ただの学校決定のための目安なのだから、
しかも先生がつけてるんだから、
主観的で絶対的なものでは全くなくて。
その上で、もし内申の奴隷になっていたら、
得られるものは、実力より少しだけ
偏差値の良さげな学校への入学切符だけ。

ポイント1つ上げて、偏差値が少し上の
学校なんて入っちゃいけないんですよ。
入るならぶっちぎりでなくては意味がない。

実力よりも上に引っかかるということも
挫折の種になる可能性も上がって危険だし、
そもそも実力は、そんな短い期間で
急に上がったりしないですしね。
近道なんて本当にないんです。

受験で得られるものは、
プロセスの中にしか存在しない。
そこを見ない結果には意味が全くない。
だって、偏差値の高い高校と、
偏差値の低い高校と、その中間の高校で
成長のために必要な悩みとは全く別の、
出口のない悩みに埋もれている
高校生の比率は全く同じだから。
これって、幸福度は学校では決まらない、
とも言えるんじゃないかと思う。

どこに進んでも幸せでいるためには、
どこに進んでも幸せでいる肉体と心が必要で、
それは、100%そのプロセスで作られるもの。
また、その本質は内申なんかではなくて、
常に内申を恐れる事なく自然な自分で、
内申を信用しすぎず、自分のために上手に使い、
どれだけ自分らしく進めたのかというのが
大事だから、まずそれを気にしたい。
自分に嘘をつかないで、
やりたいこととやりたくない事を明確に捉え、
思うことと実際の行動に矛盾なく生きること、
これは、人生において、本当の強さを
もたらしてくれると思う。
自分の中の強さは、なくなったりしないから。
どこにいても何をしていても、
自分の中にいつもあるから。
受験というその凝縮された中に、
学べるのはその「強さ」だし、そこに
揺るぎない美しさも見えてくるんだと思う。

見える結果などを本質とするのではなく、
どこに行っても通用する内面の強さと美しさを
兼ね備えるしなやかさを身につけた我が子を
送り出すことができる親は、
心から安心できるんじゃないかと私は思う。

ただの観念的な話ならどうでも良いんだけど、
自分の中に軸と、信念を持たないと、
これから先の時代、というかもう今すでに、
どんどん流されていく。
自ずと自分の人生を見失っていくし、
その渦の中にいる人が大半のように思う。

ちょっと信じ難いかもしれないけれど、
確実に遊びが仕事になる時代になりつつあって
人間が働く=労働、ではなくなり、
労働はAIが担い、生活コストが下がって、
本当に好きなことを、好きなだけできる。
そんなに遠い未来のことじゃないどころか、
すでに始まっている。
生活コストなんて本当に今、低い。
値段の安いお店が多くあり、
同じものを少しでも安く買う仕組みも多い。
洋服だってメルカリで1000円以内で
たくさんの中から選べるし、
昨日も大学講義レベルの動画を無料で観た。

だからもう今、良い学校を出るとか、
良い会社に入るとか、我慢して働くとか、
そうすればたくさんお金がもらえて、
豊かな暮らしになるという幻想、
そういう考えから抜けても大丈夫。
むしろその逆の、
純粋に好きなことから生み出されるものに
価値が生まれ、お金になっていく方が、
本当に本当だと思う。
みんなが抜け始めてからだと、遅くて、
私の感覚では今すぐ、それでもギリギリ。
自分たちの生活に今もう直結している。
そして子どもたちの幸福度に関わってくる。
だからここで話すんですが。
毎日生きていけてるから自分ごとにならない
のかもしれませんが、今の中学生、高校生は
正直、何もしなければアウトだと思うよ。
小学生は、時代的には社会全体が次の時代に
移っていると思いたいけれど、それでも、
親の考えが古ければ、難しいかもしれない。

だって本当に学校では教わらない事だらけの
世の中になっているからです。

そしてそれは、恐れるものなんかではなく、
今の世の中で何が起こっているか、
能力も関係なく学ぶだけで皆が得られるもので。
ママ友からの情報収集や、その辺で拾える
ネットの情報では100%得られないですが、
ただ、別に知る人ぞ知る秘密の情報でもないし、
今の世の中をどう観て、どう判断していくか、
大事な事の本質を見るためだけの学びなので、
私の話を聞かないとダメですっていうわけでも
全然ないですしね。
むしろ「誰々さんに聞けば大丈夫」みたいな、
そういう考えは、とても危険だと思う。

どこからでも良いので、上質な情報と、
思考のアップデートを試みるのが良い箏だけは
確かだと思います。


■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-10-11 10:12 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ