ワークアズライフ

ワークライフバランス(仕事、睡眠、生活を
分けて生きる生き方)ではなく、
これからは「ワークアズライフ」という
(睡眠以外の時間全てが仕事であり趣味である)
生き方の時代になる、というのは
落合陽一の言葉なのですが。

つまり、仕事の時間、プライベートの時間、と
分けないで、全てが仕事に繋がりつつ、
どれもが楽しく、好きなことである暮らし方。
私もこれは大事だと思う。
楽しい旅行が仕事のストレス発散になったり、
旅行があるから仕事を頑張れるというのは、
自然ではなく、仕事も旅行と同じくらい、
楽しくすることの方が大事だと思っているし
恒常的な幸福感というのは、そういう環境も
含めてのことだと思うから。

それで、よく見ると、
息子がワークアズライフの生き方をしていて。
高校生ですが、卒業したら通いたい学校があり、
距離的に通えず、一人暮らしになるので
その資金を貯めるために、

メルカリで物を売ったり、
時間制のバイトをするのは想像しやすいですが、
自分の得意を活かしてそれをお金にしたり、
人脈を生かして生活コストを下げる。
人脈は好きなことで繋がって広げていく。
その中で、自分のファンを作り、恋もして、
交流のために新幹線で出かけて行って、
好きなことにお金もドンと使うけれど、
不要なところには一切使わず、残していく。

週末のイベント1日のためだけに髪を染め、
週明けの登校に間に合うように黒に戻してた。
でもそれを「もったいない」とは思わずに
好きなことにぶっこんでいく。

大胆に遊びつつ、メルカリでは、
いわゆるメルカリ術も自然に使いつつ、
聞いたこともないようなテクニックを使って、
少しでも高く売れるように細かいこともやり、
自分でできないところは友達の手も借りる。
そこでまたコミュニケーションが生まれていく。

時間を有効に使うために、
学校の勉強は授業で覚えてくるようになるし、
不要な寄り道をしないで帰ってくるし、
むしろ生活リズムは整っている気がする。

恋をすることも、
イベントも、
学校も、
試験も、
バイトも、
やっている事が違ってもそこに垣根はなく、
彼の生活は流れるように自然に見える。

これが今の子か!と思わずにいられない。
本当に学ぶところが多くあります。

自由にやっているし、好きなこと存分にして、
学校のことも結果的に疎かにならず、
進学先につながる科目をがっつり選択して、
(あんなに苦手な英語までしっかり取り)
進学したら習い始める事も、
今からすでに少しずつプロに教わっています。
その人脈も、好きな事を通して作っています。
学校に入ってから専門を学ぶ、ですらない。
高校生でありながら体感ですでに学びつつ、
その延長線上に、次の学校がある。
習熟度も違ってくるんじゃないかと思う。

おもしろいのは、誰にでもできるという事。
好きな事を好きなだけやったら、
形こそ違えど、こうなっていくのがわかる。
だって、そのために必要なツールはもう
この世にあるからです。

そのためにまず、親は本当に制限なく、
子どもを自由にしていくことからだと思う。

私も最初は「そうはいっても少しは勉強を」
とか「そんなとこ行って大丈夫???」とか
長時間のゲームにモヤッたりもしました。
でもこれって、誤解を恐れず言うと、
10人並みのごく普通のお母さんでしょ?
なんなら昭和の価値観のお母さんでしょ?
その影響を受ける子どもは、
未来の可能性をいっぱい秘めているのに、
古い価値観を植えつけられて、制限されて、
物凄く中途半端な感じに、
なんの個性も才能も感じられない、
そんな状態の1人になってしまう気がする。
そんな人生、当然、迷走するでしょう。
そのもう1つの怖さの方が長い目で見ると
とても大きく、私には恐怖だったから、
どうありたいか、に愚直に寄せてった。

幸福度の高い人生を自分でクリエイション
していける子になってほしい。

それをやろうと思ったら、口うるさい
昭和のお母さんじゃダメなんですよね。
でもそれさえやめたら、叶うのだから凄い。
リスクくらい取るよ。

天才とかがいるのではなくて、
本当に誰もが天才性を備えていて、
いかにそれを自由にオープンにして、
自然な形で発揮できるか、にかかってると
私は本気で思う。

もう1つ重要なことは、自由に生きるのは
もちろん、それが一元的である必要がある。
二元的な「自分を生きる」人や現実は、
いっとき、もてはやされてもいたのですが、
実際に今、終焉を迎えています。
つまり自由に生きる事が単なるワガママだ
と認識される場合があり、それは社会との
調和がとれていないので起こるのですが、
一元であればそれがないからです。

ーーーーーーーー

最後の6ヶ月プログラム、やります。
東京で月1集合、半年間ラインでサポート。
限定3名様。

●物理学的引き寄せ理論
●一元の生き方
●社会的役割で自分を使い倒す
●言語パターン心理、完全理解
●子どもを完全に自由に、幸福度高く
●世の中の仕組みとこれからを理解。
●不安からの解放
(不安というものの完全理解からの解放)
●能動的な生き方の完全理解

◎人間関係の不安を解消する
◎好きなことを仕事にする、続ける
◎自分を深く知って、人生に活かす

曖昧な言葉は全く使わず、普通の言葉、
当たり前の言葉だけを使います。
世の中のあらゆるスピリチュアルの話の、
真理はごく当たり前の話だからです。

今の世界は何が起こっているのか、
奥まで正しく理解し、どう自分の人生に、
家族の人生に活かしていくのか、その
深い理解の先にある幸福度を目指します。
トラウマも、不安も、悩みも、
深い理解が解決します。

かなりがっつりやると思いますので、
忙しい日常生活の中でも、学び、理解し、
実践していこう、取りにいこうという
能動的な気持ちのある方に向いています。

お一人様 30万円

お2人以上の申し込みで開催します。
2018年12月〜2019年5月。
基本的に第2火曜日。
11時〜16時。


■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-11-05 08:54 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ