カテゴリ:未分類( 2 )

いじめの構図



今日、オンラインサロンで動画を配信
していた時にも少し話したのですが、
私がよく言っている、
自分の意識が能動的であるか、あるいは
受動的であるか、という事は、
個人の幸せだけの話ではないんですね。

例えばいじめがなくならないのは、個々が
あまりにも受動的に生きているからです。

もし、個人が、無意識レベルも含めて、
自分でものを考え、自分で決断していたら
こんな風になります。

a0352853_18334718.jpg


影響力のある人が仮にこんな事言っても、
いろんな意見が出てきて、それで終わる。

でも、もしそれぞれが、無意識を含めて、
「人と違う意見を言うのは怖い」
「自分の意見がわからない」
「矛先が自分に向くのが嫌だ」と感じて
自分の些細な行動がそれほど大きな影響を
与えるという想像ができなくて、

誰かの意見に乗っかると、同じように
考えている人が多いからこうなります。

a0352853_18433929.jpg



いろんな意見を言っていいよと言われても、
雰囲気で言えない、言えない自分の弱さ。
そんなダメな自分を見るのは苦痛だから、
無意識に「誰かの意見にうまく乗り、
あたかも自分でそれを選んだかのように」
自分に嘘をつき、振る舞うという事を、
人って平気でできてしまう。
それくらい弱いもんなんだと思う。
そしてそれを、そんな自分を、
見なかった事にしてしまう。
そういう意味の弱者でいるように、
私たちは今まで教育されてきたんです。
国民が賢く強くなったら困る人がいるから。
だからそれが一般的なんだけど。

なんだけど。
本当にそれでいいの?

こうやって、誰も悪くないはずなのに、
いじめを生み出してしまう。
責任は誰も取れないし、取らなくて良い。

ただ、自分が自分でいないだけ。
でもその事が、全く個人的なことでも、
自分になんの害もないわけではなく、
この図のように、たった1人の、
「あの人、何か感じ悪いね」で、
いじめの標的が自分になる可能性なんて
いくらでもある。

いじめられる理由なんてないよ。
ただ、皆が受動的でいるから「起こる」。
誰でも同じ事が起こる。

だから、受け身でいる事に対する危機感を
もっとみんなで持った方が良いと、
個人的にはそう思ってるんです。
自分の意識がいじめを作り出すなんて、
そんな私になるのは絶対に嫌だ。

いじめは、
特定の、いじめる人がいるからではなく、
みんなが少しずつ、自分に対して無責任で
いる事で起こる事だと思う。

昨日友達に、
「本当の意味の能動的って、甘くないね。」
って言われたけれど、本当にそうだと思う。

たった1人になる覚悟だから。

でもそのたった1人になる覚悟をした時、
実際にたった1人になったりはしない。
でもそれは結果的に、って事だけど。



■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-04-09 19:18 | Comments(2)

ゴールデンナンバー

先日は潜在数秘術の非公開講座、ゴールデンナンバーの講座がありました。

LPやD、Sなど8種類で見る潜在数秘術ですが、それとは違う
新しいナンバーです。
マニアックすぎるので、セッションで使うかはわかりませんが
興味がある方にはお話できると思います。

「ゴールデンボンバー」と一瞬間違えそうになるゴールデンナンバー。
どういうものかというと、心と体と思考のバランスが最高に良い時、まわる時
つまり、何もかもがうまくいくとき、
どういう状態、領域になるかを示す数字であり、またその状態になるためには
どういう数字を意識すれば良いかという見方もできます。

単純で単発の個人の悩みや願いなどの「個」のエゴを超えた先の話になるので、
自分の才能をフルに活かしたい、活かしきりたい、というような段階になれば
もしくはそうなりたいと願うような場合は、見ていくとおもしろい数字です。

ちなみに私のゴールデンナンバー(GN)は、
3という数字の性質は、「ワクワク、楽しい、喜怒哀楽、表現力豊か、思いつき、
短絡的、非論理的、子ども、ピュア」のような感じ。

私は3を持たないし、LL3でもあるので、3の概念を知らない。
でも、超自然体で色々とすべてがうまくいくとき、私は「3」になるわけです。
もしくは「3」の状態を意識的に作ることで、そのゾーンに入りやすくなる。
新しい概念はとても面白く、確かに、何だかわからないけれどもすべてがうまくいっている時
LP4の秩序や、D7の落ち着き、がどこかへ飛んで、確かにとっ散らかってるんだけど、
なんかもの凄く楽しくて、幸せ!!!という感じ、多くはないですが、これまでにもありました。
あれが3なのかー。

また、私が3の領域にいる時、
例えば私が、落ち着きがなくなってめちゃめちゃ喋っている時、超楽しそうにしている時、
その時の発信は良いエネルギーとなってまわりに伝染し、皆を自由にし、解放します。
めちゃめちゃ子どものようなテンションでデザインについて話す時は、自ずとパタンナーに伝わり、
結果的にスムーズに形になるので、あれもそうなのかな、と振り返っています。

これが、人によって違う数字となるわけなのですが。

また五大元素との組み合わせで、ゴールデンナンバーに至るまでの道筋をもっとスムーズにしたり、
どこに引っ掛かりを感じやすいのかなどを明確にしたり、
とにかく色んなことが見えてくる、とても面白い学びとなりました。
でもほんとにマニアック。深い。

学びで気づきがあると、その瞬間に、私の中の潜在意識も書き換わります。
価値観が変わります。
私は4とか7とか1とか、親和性のある数字の組み合わせばかりなので、
自分の内面の葛藤が少なくて快適ではあるのですが、こじんまりとまとまっている感じでした。
それで理解し、納得もしていましたが、自分でも意識していなかった、
違う性質を持つ数字の側面があるとわかり(断片的にも見えていても、あるとは思えていなかったし)
そこが、どういう時に現れるのか、現せるのか、もわかって、
より自分を使う、活かしきる、という事に向き合えると思いました。

最近の私のテーマは「検体」
自分を使って人体実験していきます。

[PR]
by 4cubes | 2016-04-24 10:51 | Comments(0)

数秘と心の仕組みで、ほんとうの自分を生きるお手伝いをしています。


by のりこ