<   2018年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

a0352853_10413120.jpg


●オンラインサロン「グループ6歩」●

Facebookのグループページを使って、
無料のオンラインサロンを運営しています。

数秘の全情報、ブログで書けないような
情報、知識、それらの細かいニュアンス。
そういう、ブログ以上のことを伝える
情報公開の場という側面と、
双方向性になっているので、
質問に答えたり、公開セッションしたり、
知りたい事にも応えられる側面を持ちます。

そのために必要だと思える、
私が持っている情報を全てお伝えします。

能動的に自分を生きている時、自然に
自分と同じだけ人を想うことができて、
自己有用感が満たされ、結果的に
個を超えた望みが叶い、幸福度が上がる。
そういう生き方を目標としています。

発言やいいね、など、何かをしなくては
あるいは何かをしてはいけない、という
意味合いは全くなく、自分のペースで
必要なものを必要なだけ、得てください。
必要がなければ、退会も簡単です。


●Facebookの登録が必要です。

●無料です

●承認制ですが、退室も自由です。

●秘密のグループになりますので、
グループ内の話は、外には内緒です。

●Facebookで「おのだのりこ」検索、
友達申請してください。

●更にメッセージで「オンラインサロン
申し込み希望」と送ってください。

●自然に能動的な選択をし、幸せ度を
上げていける情報を、数秘を通して
提供しています。

個人的に相談したいことだけのために
入会を考えているという場合は、
サロンという性質上、不向きな場合が
あります。その場合はご相談ください。
有料になりますが、あなたのだめだけの
個別セッションを承ることも可能です。

ーーーーーーーーー

サロンに細かいルールはありません。
その都度、心地よく過ごせる場を
作っていく場です。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-30 14:31 | ●オンラインサロンについて | Comments(0)

誕生日におもうこと

a0352853_09421091.jpg



●Facebookの友達申請くださる方へ●

オンラインサロン申し込みの方は、
お手数ですが、メッセンジャーで、
メッセージもください。
「オンラインサロン申し込み希望」と
添えていただけると安心です。

闇雲にFacebookで友達を増やしている
人がいて、関係のない友達申請がとても
多いので、それと区別するためです。
よろしくお願いします。

ーーーーーーーー

27日は私の誕生日でした。
たくさんお祝いしてもらい、
贈り物もいただいて、
オンラインサロンで早速動画も上げて、
その後も面白い人との交流があって。
28日は友達からの誘いで、
レイモンサヴィニャック展に。↑

私にとってサヴィニャックと言えば、
「お洒落だなー」「かわいいなー」
という認識のポスター作家さんでしたが、
展覧会では「1枚のポスターで、全ての
情報を無駄なく的確に伝える」という、
デザインのセオリーと、
人の心理にもどれだけ訴えかけられるか、
影響を与えるか、購買につながっていくか
心地良いほどの計算にもとづいて、
どれもが作られていることを知って、俄然
面白みが増してきました。どの作品にも
丁寧に解説がついていて、楽しくて、
数十年ぶりに図録を買いました。

原画は文句なしエネルギーが高いと思う。
彼の作品はサイズも大きいし、圧巻でした。
練馬美術館で、4月15日まで。


a0352853_09563519.jpg


それで、昨日から新宿伊勢丹でスタートの、
ミナペルホネンの催しに行ったんですが。
リバティにタンバリンの刺繍を施した
限定のコラボ生地や、バッグ、洋服、雑貨、
そういったものが売られていまして。

大行列の整理券発行の、大変な賑わい。
さすが!といったところでした。

で、ミナペルホネンは私も好きですし、
ミナペルホネンファンが集まるのも
とてもよくわかりますし、デザインも
大変素晴らしいと思う。

でもその上で。
期間限定、商品限定の催事になると
場が「この機会に買わなくちゃ!」
といった感じになって、殺伐としてて。
ほしいから買うんじゃないような
エネルギーに包まれていました。
「ミナペルホネンだから買う!」
「せっかく来たんだから買う!」
自分の気持ちはどこにいったのかな。

高価な商品ばかりなのに、バーゲンの
ような勢いで商品がなくなってて、
初日なのに、目ぼしいものは殆ど
ソールド(期間中の再入荷なし)。

だから同じ商品なのに、見え方が違って、
素敵だなーと思うのに、買いたいものは
私にはひとつもありませんでした。
でも、色んなことを感じられて、
行ってよかったです。

私たちは入場整理券を発行してもらって、
時間がくるまで、カフェにいました。
ここもミナとのコラボレーションで、
椅子の座面など、お料理以外のところも
すべてミナペルホネンの生地を使用、
食器もミナペルホネン。
この辺の徹底ぶりは、さすが唸ります。
作りこみたい想いがあると、
たった数日間の企画でも、
「なくても成立しそうなところまで」
こだわって作られているし、それが
こちら側にもよくわかります。
成立するかどうかではなくて、
「そこまでやりたい」と思うからこそ
採算度外視になってもそこが伝わるし
そういう想いが、信頼になっている。

写真のバッグ、友達から誕生日の贈り物。
グルグルの持ち手になっているトートです。
ちょうど誕生日だったよねって、
覚えていてくれて。嬉しかったなー。
そして、今年は、手作りのものとか、
サプライズとか、お手紙、絵手紙、そんな、
心を込められたものをたくさんいただいたし
そして多分、そこを見ることが自分もできた、
良い記念日になりました。


a0352853_10130642.jpg
a0352853_10143155.jpg



■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-29 10:20 | 自分の事 | Comments(0)
a0352853_21181072.png

●Facebookの友達申請くださる方へ●

オンラインサロン申し込みの方は、
お手数ですが、メッセンジャーで、
メッセージもください。
「オンラインサロン申し込み希望」と
添えていただけると安心です。

闇雲にFacebookで友達を増やしている
人がいて、関係のない友達申請がとても
多いので、それと区別するためです。
よろしくお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーー

昨日からエネルギー低かったので、
今日は散歩に行ってきました。
玉川上水沿いを歩いて吉祥寺まで。
歩きながら「そうだ、今週末は桜の見頃だ」
と気がついて、桜も満喫できました。
井の頭公園は、歩くのも大変なほど、
人でいっぱいでした。さすが。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-25 22:42 | 潜在意識 | Comments(0)

全体最適

オンラインサロンメンバー、少しずつ
集まっています。
ありがとうございます。

Facebookのグループに入られた方は、
私の解釈の数秘に関する情報が手に入る。
具体的な相談ができる、自分に活かせる、
私が何を考えているのか、どうしてそう
するのか、の中身がわかる。
などのメリットをデザインしています。
動画配信とかオフ会、企画をしています。
すべて無料で提供するコンテンツです。

でもそれだけじゃなくて、わたしは、
全体が良くなるストーリーを描くので
私にもメリットがあるように作ります。
(別に高額のものを売りつけるとか
そういうのじゃないですよ)

そういうところはね、適切な言葉があまり
ないのですが「計算」が必要なのです。
計算というか、デザインというか。
なぜなら、全部「無料でーす」「いいねー」
「なんか人が集まってきたー」「わーい」
じゃ、何のためにそれをするのか見えない。
ただの、楽しいねー(非常にふんわりと
した概念の)仲間だねーで終わってしまう。

無料で価値があれば良いわけじゃなく
そこに上手なデザインがされていなければ、
受け取る側も、なんとなく得したなー
程度の、曖昧なものしか受け取れない。
結果的に時間の無駄使いになると思う。
受け取る人が、どう受け取るのか、
そこにもデザインが必要なんです。

よく無料でこれだけ出してます、とか、
無料で全出しです、っていう人いるけれど
無料で出しています、と言いながら、
本当にただ無料で出しているだけの人は、
(人やお金を集めるのだけが目的の人も)
背後に全員のストーリーを描けていないので
集客目的、あるいは承認欲求が目的で、
それで終わってしまいます。
目先の見返りありきの無料に止まるわけです。

人間だから、ありますよ当然。
ボランティアだって、そこに喜びという
自分が得るものがなければできない事だし、
見返りっていうのも大事なんです。
自分のエゴを満たし切るっていう事が
大事な時期もある。

ただね「はい、出した、はい、よこせ」
じゃ身もふたもないわけです。
そこに心が乗っていないから。
というより、それコントロールだから。
その辺りも自覚して全て含めて計算と
デザインがされていたら良いのですが、
そこはなかなか高度な話になります。
それ以外の場合は

受け取る側も、ええとこどりしたったれ、
(良いところだけいただいていこう)
という損得の心理になるわけです。

内容ではなくて、どういう気持ちでそれを
無料提供するのか、がとても大事。
ですが、実は、出す側がなかなかそれを、
どういう気持ちで出せば良いか
わかっていないものなのです。
だからきっと悩むんだと思う。

単純な集客目的ではうまくいかない、
というのも、今はみんながなんとなく
感じているし、別にそういうつもりは
ないけれど、でも、仕事にするのだから
それも全くないわけじゃない。
(当然です)

だから全員が幸せになるストーリーを描き、
(ストーリーの内容は人それぞれ違うよ)
その意識通りに、行動する必要が
ここで出てくるわけです。
全ての人にとって喜びになるストーリーは
一体なんなのか。そこまで考えて
オンラインサロンをスタートしました。

でも、成果ではなく可能性です。
メンバーで幸せに学びながら作っていきます。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-25 12:08 | 潜在意識 | Comments(0)
よく「前提」として潜在意識が「そう」
思うから、それが現実化するというけれど

思う、あるいは、感じるから現実化する
のではなくて

思う(感じる)事でそれに合った行動をとる
から必然的にその行動に合った現実がくる

ということなのだと思う。
何が違うのかというと、

「思う」事がそのまま現実を変える、
と思う人は、一生懸命本を読むだけで
引き寄せを実践しようとしたり、
自分の頭の中の解釈だけを変えようとしたり
自分が「こんなことを考えてしまった」
「こんな風に思うから現実がこうなるんだ」
と「思う」を自由に操れないことで、
新しい悩みを生んだり、
そこから抜け出せないでいる事がある。
罪悪感や、怒りなどの感情に縛られていて、
実際に現実が変わらないんです。

現実を変えて生きるなんて事をしなくても
全然良いと思うけれど、そもそも宇宙は
変化、成長をしていく性質のものであり、
動きがないのは退化であるため、魂的には
成長する事がデフォルトの設定なですね。

だから「行動」が大事だと言われます。

でもその行動も、無意識で起こります。

息子を見ていると、いつもそう思う。
どこに行っても、友達の多い人ですが、
普通に学校に通っていても、いつの間にか
学校の外で、自分が興味がある業界の
有名人などと友達になってきます。
自分がまず目立つ存在になるわけでもなく
消極的でもないけれど、積極的でもなく、
自分から人に声をかける事もないので、
どうやって友達ができていくのか、
どうやってその中心の人と縁を結ぶのか、
昔からいつも不思議でしたが、
数字通りの無意識が行動を起こして
その結果になっていると
そう思うしかないなという話ばかりです。
つまり「こうしてこうしてこうしたから」
というハウツーではないんですよね。

何かにつけ規模が大きくなりやすいのは、
S(ソウル)22の数字が影響している
と思います。
Pという役割を通してS22を感じている。

私の独自の解釈になるのですが、
大きく全体を捉えた平和が自分の喜びに
なるというS22の魂は、結果です。

過去生であるB(誕生日の日の数字だけを
一桁になるまで足した数字)の数字を
思い出して生きる事は、自分を生きる事。
これがまず自分に戻るという事だと思う。

その上で今世は、Pの性質の役割を担い、
役割を生きるということを通して、
S(魂)の喜びを得るわけです。

で、そのPの役割というのは息子のような
学生や、小さな子どもでも持っています。
幼稚園くらいでも、社会性が生きることと
関わってくるような年齢になれば影響する。
役割があるわけです。
ムードメーカー、まとめ役、反論する子、
細かくまわりを気遣う子、などそれぞれ。

まずは自分を生きる(思い出す)のが一番
大切なのですが、それができるようになる
あるいは、もうその存在を自分で
どこかで信じて生きられるようになれば、
役割で生きる段階です。

役割を通して自分を感じるとも言えます。

「数字を通して自分を知り、自分を生き、
役割を生きる喜びを知る」
そんな内容を目的とした、
オンラインサロンを作ります。

有料のオンラインサロンは、Facebookの
グループページを利用しています。
月々の決済手続き、Facebookのグループへ
誘導する事が、とっても簡単に言うと、
オンラインサロンの有料サービスです。

無料にして、私がグループに招待すれば、
オンラインサロンのサービスを
通さなくても、同じ事ができます。
シンプルにいきたいのと、私なりの
現実化の手順の一つになるのですが、
無料でスタートします。

グループページでは、私の解釈での
数秘の事をすべて公開していきます。
動画配信も予定しています。
数字をシェアしてもらいますが、
グループ内で個々のコンサルもします。
(人の数字から学ぶ事も沢山あるから)
そこに細かく解説も入れていきます。
ブログでは書けない話もします。
これは意図して書かなかったわけでも、
書けないと思ったわけでもないけれど、
多分そういう話も出てくると思います。
芸能人の数秘とか、ブログに書くのは
あまり好きではないし、みたいな
私の性格なんかも関係していますが、
必要だと思う話は取り入れていきます。
あと、オフ会のようなものもあるかも。

数字の分析をできるようになるのが
目的ではないですが、数字を通して、
能動的な生き方とか解釈、考え方が
自然に身についたり、自然に現実が
望ましい方向に行く事を目的として、
その共通ツールとして数字を使います。

グループ内での内容は外へ漏らさない事。
皆のためにならないと思えば私の判断で、
退室をしていただく場合もある。
ルールは現在それくらいかな。

メルマガにしようと思ったのですが、
P6なので、ツールはコミュニティだな、
と思いまして。

Facebookで私を見つけて、
友達申請と、メッセージもください。
営業など、別目的の友達申請と
区別するためです。

おそらく少人数で濃い感じになるかなと。
興味ある方はお待ちしています。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-23 09:19 | 潜在意識 | Comments(2)

彼女が目覚めました。

7月の記事のこの話を覚えているでしょうか。

私の唯一のライバルであるモリアオガエルが

冬眠から目覚めました
o(^▽^)o

結局、栃木には返さず彼が飼っています。
彼と私のライバルが同棲してるっていうね。
もちろんカエルが冬眠するのは知ってます。
でも、知り合いが冬眠から目覚めるなんて
自分でも、考えた事はありませんでしたが、
たぶん生まれて初めてのことです。
心が震えていまにも泣きそうになりました。
カブトムシの幼虫が土の中で成長するのと
どこか違うんです。

あの小さな体で、何ヶ月も何も食べず、
土の中で眠って、春になると目覚める。
それを自分が見せてもらえる事で、
命って凄いとあらためて思うし
胸が熱くなります。まさに体感。

鳥は人間よりも進化していると思うし
寄生虫や昆虫は粘菌は賢く、人間はただ
(彼の言葉を借りて言うなら)
「ちょっと小賢しい」だけなんだ。
でもだからこそ、成長という課題があって、
謙虚に、無知を知り、学ぶのだと思う。
伸びしろがあるってことですね。

春分の日、東京は雪が降っております。
暑さ寒さも彼岸まで、という事は、
明日からは落ち着くのかな。

とても長い夢を見ました。
あまり覚えていないんですが、
想いの波動がどのように巡って、
具体的に豊かにするのかという、
仕組みを言語化した夢で。
あーこれなら、波動とかエネルギーが
わからなくても体感できるし伝わる!と
夢では思ったけれど、全然覚えていない。
潜在意識は記憶していると思うので、
どこかでまた再現されるかもしれません。

感覚としてはよく覚えています。
安定して地に足がついているのだけど、
幸福度がとても高い状態。
心と体が実際に震えていて、
一時的な高揚を与えるテンションではなく
持続するモチベーションが高い状態です。

夢は、意識すると、見たいように見る事が
できるみたいですね。
私は、細かい事はできませんが、
主体的に見る事はできるというか、
夢の中で受動的になっていると思ったら、
それを夢の中で主体的に戻す事ができる
ようになりました。
それさえできれば、大抵良い夢です。

ついでに書きますけれど、先日の講演会の
云々の話の後日談です。
とある先生の講演会に行こうとしてやめた、
実はその次の日に、全然まったく別の
ところから(ほんとに、え、なんでこんな
ところから?っていう。別にそんな有名な
先生でもないので)その先生についての、
大きすぎる、見逃せないネガティブな
情報が入ってきたんです。
私は自分の目で見たものしか信じないので、
自分の目で確かめました。やはり講演会は
行かなくてよかったという結論でした。

自分を信じる。
どんなに世間とずれていても、
どんなに根拠がなくっても、
自分の感じる事が全てです。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-21 12:28 | 潜在意識 | Comments(0)

信頼の話

私が本業の型紙屋で続けているブログは、
世の中にブログというものができて、
わりと間もない頃に始めたのですが、
当時、息子はまだ2歳くらい。
「そらいろのたね」という絵本のことを
書いたらコメントをくれた人がいて、
その彼女は今、うちの超重要スタッフです。

その頃は、
子どもがいて、子ども服を作るのが仕事で、
ブログに何を書くか困った事はなかった。
子どもとの生活、絵本の事、お出かけの事、
生活がそのまま仕事につながっていたし、
それこそ無意識でちゃんと「体感のある」
ことを仕事にしていたわけです。

でも少しずつ子どもが成長してくると、
子ども服の体感は、当然薄れていく。
かわいい子ども服、でも想像で作るように
なるから、想いが乗りにくくなってくる。
そこに違和感を感じ、お店の方は少し
方向性を変えることになったのですが。

型紙屋のブログも。
「書きたい!」と思えることがなくなり、
最初は勇気を出して、仕事と全く関係ない、
趣味の街歩きのことを書きだしたんです。
反応はない。
反応なんてなくても、いまの私はこれだし、
その方向で書くことにしたのですが。
最初はおっかなびっくり。
でも少しずつそれが当たり前になってきて、

インスタもやり出して、ダムのバッグや
団地のポーチなど、個人趣味丸出しの
物も上げていくようになってきて。

すると
「商売やっている人のブログは宣伝ばかり
だけど、まるっきり商売っ気がないのが
良くて型紙買いました」とか
「実は私もこういうの好きなんです」とか
メッセージをいただいたりして、
今までにはなかったような理由、
そんな事?と思う事が売上に繋がってきた。

ほんとうに「何をやるのか」ではなくて、
どういう想いでそれをするのか、なんだ。
いや、何度も感じているけれどここでも。

仕事と関係ないことを発信する恐れ。
その気持ちで書いている時はそりゃ反応も
ないし(皆さん様子を見ていたのでしょう)
それでも書く、と決めたら動き出します。
お金も動き出します。

お金が信頼である、という真意の一部は
ここにあって、みんな買い物を
「何を買うか」というのが先にあって、
それを「どこから買うか」だと思っている
と思うのですが、ほんとうは、というか
正確に言うと、いまの時代は

お金を使いたいという気持ちはあるけど、
「どこから買うか」がとても大事で、
信頼できる人やお店が見つかるとそこで
初めて「これ、ほしい」になるんです。
何が欲しいかっていうのは、
自覚はないと思うけれど、あとの話です。

同じ物を買うにしても、どう出会うか、
を無意識レベルで選んでいるって事です。

日本の近代は物が足りない時代ですから
まず「欲しい」「買いたい」だし、
最初は「買える」だけで満足でした。
でも、同じものを売るお店が増えてきて、
今度は、選べるようになったわけです。
「買いたい」を満たすと同時に、
「どこから買うか」も満たせる。
さらに

現在のように、何を買ってもその性能は
心配がないような、さらに買わなくても、
無料で与えられるものの多い時代に、
人の無意識は物質的な不足感はもうない。
物質への執着はないんです。
だから

無意識レベルを大いに含めて、
「どんなストーリーにお金を落とすか」
というのがお金の主軸になっています。
そのために「物」がある。

昔は「物がある」事が信頼で、
その後「物の品質」が信頼になり、
高級ブランドなども信頼の側面も持つし、
誰が、どこで作っているのか、という
ストーリーへの信頼に移り変わっている。
でもいつも人は、形は違えど「信頼」に、
自分の大切なお金を使うんです。

時代はそんな風に移り変わっているけれど
どこに信頼を置いているのかは時代と別に
人それぞれで違う、というだけ。

エゴを超えて生きるようになると
「どんなストーリーにお金を落とすか」
のストーリーを「全員が幸せになる」
に置いている、ということなんです。
それを基準に、物を買ったりするわけです。

だから、何をやっているかではなくて、
どういう想いでやっているか、なんです。
女子受けしなさそうなブログの内容でも、
「心から楽しむ」のが立派な信頼になる。
嘘がないっていう事だから。

自分にやましいところがある人は、
何をやっても信頼されない。
何をやっても、どんなに頑張ってもです。

それだけです。

メルマガやろうと思ったのですが、今は、
制限作らずここに書いていこうかなという
気分になっています。
ご感想、ご意見あれば教えてください。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-20 10:29 | 潜在意識 | Comments(8)

2018年どう生きますか?

昨日の夜から3記事目。
こういう時、ノッている自覚がないです。
D7だから、淡々と書いている事が多く、
とても集中しています。
顔はむしろ、しかめっ面だと思うし
どんどん沈み込むような感覚があります。
でもこれが私の「楽しい」ですし、
それを見る機会がある友人も「楽しそう」
と言ってくれるので、顔がこんなでも
そうではないところが読み取られているし、
ちゃんと伝わるわけですね。
スピ無理です、みたいな超現実的な友人
ですがエネルギーちゃんと読んでいます。

もう2日後ですが、21日の春分は宇宙元旦。
2018年の1年間のエネルギーを決定づける
んだそうです。

言葉だけだとよくわからないけれども。
でもね、体感覚ではわかる気がするこれ。
私は春生まれだし、春がスタートだなって
何となくいつも感じているし、
この時期の過ごし方が1年を決めるのも
何となくこれまでもそんな感じだったし。

でも、何はともあれ、節目節目で、
色々なものを見直すには良いに違いなく、
私も今日と明日で断捨離します。

直接聞いたところによると、

●人間関係の整理
●お金の整理
●物の整理

基本的なこれらの断捨離が良いそうです。
ほんとうに整えるという感じ。

台所に洗い物がある状態だと、お料理を
する前に片付けなくてはいけないし、
それを考えるとつい買ってくるとか、
外食にしようと、そういう発想になるとか

ソーイングをする時に、前に使った生地や
パターンが作業台に出ているままだと、
「作ろう!」と思っても、すぐその作業に
入れないので作る事自体を保留してしまう
といったような事があるけれど

整えるとすぐに行動ができるよ、なんて
理屈じゃなくて、新しくワクワクする
ニュースって、整ってようが何だろうが
きたらすぐ動きたくなるじゃないですか。
ジャージでゴロゴロしながら漫画読んでて、
好きな人から「今から会えない?」って
連絡が来たら、飛び起きて、
今すぐ飛び出したいくらいなのに、
化粧しなきゃ、洋服、バッグ〜〜〜
うわ、シャワーくらい浴びとけばよかった
その時間がもどかしい〜〜

から、気分良くいつでも飛び出せるよう
整えておくという感じです。
2018年、めいっぱい楽しく過ごすために。

現実化という意味では「彼からいつ連絡が
来ても良いように」化粧までして待ってる
みたいなのは「連絡こい、連絡こい」と
いう執着なので、連絡は来ませんが、
(多分化粧はしているけど、洗い物とか
片づけのような「彼に関係しない事」は、
やってないか後回しの感じですな)

でも自分のあらゆる可能性を視野に入れて
自然に整えておく、余計なものを取り除く、
という作業は「執着」ではなく「備える」
なんですよね。
保険や不安の「備える」ではなくて、
未来の可能性のための「備える」です。

「彼から連絡があるかもしれないから」
「準備しておく」ではなくて、
そういう条件つきの準備ではなくて、
「自分」のメンテナンスをしておく事で、
タイミングが来たら、タイミング逃さず
出動できて、パフォーマンスを発揮できる
というイメージです。

そういう視点で今回の断捨離をするなら
あくまで私なら、ですが


●人間関係

ご縁を感じない名前やアドレスを消す。
思ってもいない「いいね」を押さない。
誰をフォローしているか見直す。
(普段からやっていますが、ここ最近は
人間関係がガラリと変わって来たので
細かく見直します。)

●お金

必要ないところに自動的に払っていないか
見直して整理する。
支払いを全て済ませる。
更新ごとを早めに済ませる。
(今月は免許、車検、賃貸、全部更新!)

●モノ

生地、洋服、本。増えやすいものを整理。
物は普段から断捨離しているので
そんなにはないかもしれないです。
物置きとか台所の床下とか、
そういう場所も、この機会にチェック。

私は断捨離が好きで、それは、物も心も
無駄がない状態に心地よさを感じるし、
そのプロセスも純粋に楽しいと思うから。
でもその上で「何のためにやるのか」を
考えています。

その場の心地良さだけでなく、2018年
どんな自分で過ごすのか、それを意識して
断捨離するのと、ただするのとは違う。

例えば、今年は「食」に拘りたい!と
思ったら、そこではじめて、
冷蔵庫の中の、便利なだけの
調味料を見直す事ができると思うし、
(食に拘りたい、がなければ「この調味料
まだまだ賞味期限大丈夫だから取っとこう」
みたいな損得感情になりやすいわけです。
基準がないと、適当な基準を作ってしまう)
そう、やりたいことを決める事で、
必要なものとそうでないものが明確になり、
断捨離は自然と進むんです。

無理やりではなくて、自然に「起こる」
断捨離が、ほんとうの断捨離だと思う。

これから、車検の予約します。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-19 10:06 | 潜在意識 | Comments(0)
宇宙元旦と言われる春分の日までに、
断捨離と手離しをした方が良いという話を
書こうと思ったのですが、先にこっちを。
春分の日のエネルギーが2018年を決める
そうなので、整えたいですよね。
(つまり、種は皆に与えられるのですが
水をやるかやらないかで変わってくる)

自分が素敵だなと思うものと、
人が素敵だなと思うものって、
違っていても良いですよね。

私は水の入っていないダムが好きで、
スタッフの1人は水の入ったダムが好きで、
もう1人はダムは特に好きではない。

でも、ダムが好きじゃないからといって、
「ダムの話はしないで」って事でもないし
「ダムは嫌いだけど、水のあるなしって
その話はウケるwww」
そう彼女は「ダムが嫌い」だと言うけれど
それで他2人が気分を害することはなくて
ただ、好きかそうじゃないかの違いだし、
私もダムの良さをわかってもらおうと
思っているわけじゃないから「嫌い」と
言われてもどうもないわけです。
「ダムが嫌い」は別に相手の人格を
否定しているわけじゃないですから。

結局3人でダム柄の手ぬぐいを色違いで
購入して、バッグを作る事になったわけで。

じゃあこれを、こだわって建てたという、
新築のお家に遊びに行ったに置き換えると。

ほんとうにそのお家が、自分の好みとも
一致していたら「うわ、すげーすげー
これどうなってるの?どこで買った?」
と自然となるわけですが、似た感じの
好みはあっても、個性って人それぞれで、
雰囲気は共感できても、ドンピシャでは
ない場合もあるじゃないですか。

だから、呼んでもらったとしても、
言葉が出てこないのだって、あり得る話。
思ってない事を伝えるのは失礼ですしね。
口をついて出てくる言葉がなくても、
その人が素敵なお家を建てた、それは
とても幸せな事で「よかったねえ」と
心から思うし、だから来たんです。
それで良くないですか?

見えにくいかもしれないけれど、
人の移動は大きなエネルギーです。
時間も伴う。
取り戻せない大事なものを使う行為。

無料で貰える何かのために30分並ぶとか
時間の使い方に鈍感な人が多いけれど、
(ほんとうに欲しくて並ぶのではなく
「無料だから」という意味わからない
損得で並んでいる人の場合です)
その「時間」は貴重で、大変重要なもの。
有限ですしね。
それをどこにかけるのか、
誰との時間に使うのか、
私は、ものすごく考えます。
そのために「断る」勇気も持つし、
大切な人には時間をかけて、選ぶ、作る、
そうやって心を込めて贈るけれど、
どうでも良い人なら一番時間をかけない
ために、お金で済ませます。

死語だけど、給料3ヶ月分の婚約指輪は、
その価格で価値が決まるのではなく、
それだけの時間をかけたって事であり、
働く結果として手にしたお金も高額だから、
指輪も高額になりました、という話です。

私は、出会う人すべてに、嘘つかない。
そんなつもりなくても、嘘になってた
という事は沢山あったんですけれども、
(褒めたくもないのに褒めたとか)
いまはもう絶対にやらない事の一つです。

冷たいっちゃ冷たいです。
でも不思議と、心から褒めたくなる、
素敵なものによく出会うようになった。
心を閉ざして、誰も褒めなくなるとか、
厳しくなるって事じゃないんです。

何でこれを書きたくなったのかな。
と自分でも思う記事でした。

■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-19 09:04 | 潜在意識 | Comments(2)
昨日は、新しい事業メンバーで、葉山へ。
他者をコントロールしない責任を持ち、
自分のエネルギーを上げている人たちと
気の良い場所に行くと、相乗効果で
怒涛のようにミラクルな
シンクロニシティが起こります。

シンクロニシティは常に起こっているけど
エゴによるものなのか、エゴを超えたもの
なのかで、全く違った現れ方をします。
力技でシンクロを起こすこともできるし、
勘違いのシンクロニシティもある。
私もそれをいっぱいやってきたので、
違いがわかるようになりました。

そして、エゴでないシンクロ二シティは
「縁起」として、その後に繋がっていく
要素を持つ「種」の状態だけれど、
ただ待つだけでは芽は出ないので、
これは、自分で繋いでいくわけです。
つまり、シンクロで良い事がバンバン
重なったときに、水をやって、
自分のできる事で、縁を意識して
繋いでいく事が必要になってくる。
「シンクロだー。やっぱりエネルギー
高いとこうだよね、ふふふ」で
もちろん思っても良いんだけど、そこで
終わってたらそこまでだって事です。
昨日は一緒だったメンバーが、
具体的にどう行動でつなげていくのか
見せてくれて解説までしてくれて、
その在り方にあっぱれだったのですが。

お役目で動く時は、そのご縁を繋ぐのも、
これもまた「表現」であり「役割」の
数秘のPを活かすんだなと、
昨日彼女を見てそう思ったんです。

昨日は、新しい事業のコンセプト
どまんなかの素敵なお店との出会い。
予兆もあって、流れとしてもぴったり。
でもそこで、そのお店をただ「ふーん」
と眺めて出てくるだけでは、そのお店は
瞬間的なシンクロニシティが、
起こっただけの「種」の状態だから、
何もしなければそれで終わってしまう。
だからこんどは水を撒きます。

もし私なら。
私はP6で、その性質はコミュニティ。
まずは話しかけるかもしれません。
なんなら天然で雑談力を活かすわけです。
その上で自分にできることをする。
例えば商品を買う事もできる。
大事なのは、気に入ったものを
買うわけでも、気に入らないものを、
我慢して買うのでもないという事。
どちらにも得るものが自然に生まれて、
かつ無理なく「ご縁が繋がる」行動を
取るのが大事だという事です。
私は、そのお店では素敵だと思う本を、
1冊購入しただけですが、そのお店と
ご縁のある別のお店(しかも、やろうと
ついさっき決めたばかりの事を、まさに
提供するズバリのお店)が、なんと
私の自宅から割と近い場所にあるので
興味があります、というお話ができたし
当然、実際に行きます。

私も、同じ行くなら、ご縁つなぎの
お店に行く方が気持ちも良いし、
喜ぶ人が増える。
P6とLP4なので、コミュニケーション
を使って、目立たないように行動する、
(誰にも主張せず、そのお店に行って
お金を落としてくる)
という方法が見えてきます。
一緒のメンバーはP8なので、私より
もっと大胆な方法でご縁つなぎ。
人それぞれ違います。

この辺は、もちろん意識して、
思考も使うわけですが「繋がる」が
無理なく起こるのを確認しつつ、自分でも
主体的に「繋げて」いく。これがご縁。
ご縁も、受動的ではいかんのです。
思考せずに感覚だけで感じて行動するのは
「自分を満たす」段階の場合です。
そこを越えると、どんどん思考は使うけど
自分のために使うわけじゃなくなります。
エネルギーを見ながら、全員が幸せになる
最高のルートを叩き出すようにします。

好きなものにお金を使うのは大事だけど、
ただ使うのも良いんだけど、それだと、
自分のエネルギーが高くなるけれど、
ご縁が繋がっていかないという事になる。
何が違うかというと、自分の「好き」
だけの満足度が、仮にエネルギー10
だとして、同じ事をしても
ご縁つなぎのエネルギーだと、数値も
20くらいになるから(イメージとして)
同じ事をしても、ご縁のエネルギーの方が
感じる幸せが2倍になるんです。
もしも、人を喜ばせたいという気持ちが
それほどないところからスタートしても、
エネルギーの違いを感じるようになれば
自然に、ご縁のエネルギーの方を、
より心地良いと思い、また、選ぶように
なるのではないかなと思うのです。

そんな風に生きていると、
周りのことをよく見てはいるんですけれど、
肝心の自分も、困ったことは起こらないし、
不安もなくて、周りは最高の人ばかりで
嬉しくて心が震えるばかりの暮らしになる。
お金がピンチの時でも車検が通せたり、
必要な支払いができて、行きたいところに
行けて、買いたいものが買えているんです。
不思議だけど、なにも不思議じゃなくて。

車検だーと思ったら、斜め上からの提案で
私は払わなくて良い事になったり、
ただ集中してやった事で、お金が貰えたり、
そんな事ばかりです。それは起こる。
何かを我慢して働いたりすることなく、
自分にできることをただするだけ。

例えば、知りたい幸せの形があったら
それを知りたいと思ったら、
以前の私なら「会いたい人に会おう」
「行動してみよう」と言ってたと思う。
もちろんその通りです。
でもその後の体感があったからもっと
細かく言語化できるようになっていて、
今ならこう言うかもしれません。

なんでそうなのか、それを体現している
人に、その事についてとことん、
掘り下げて聞く事が一番「わかる」はず。
「なんで」を20回くらい聞いて、掘ると、
本をいくら読んでも分からなかったことや
セミナーでも「その先が聞きたいんだ」
「そこもうちょっと具体的に!」と
思うようなこと、そういう、何よりも
一番知りたい事が、見えてくると思う。

「こうなりたいと思う人」に会うだけじゃ
まだ足りない。その在り方を、どう
吸収して良いか分からないから。
「なんで」「なんで」って聞くんです。
とにかくなんでもいいから聞いていく。
言葉にならなくても、まとまらなくても
断片的でも良いから言葉にしていく。
疑問形になってなくても良い。
的確に聞くと的確に答えてくれるわけじゃ
なくて、相手は、あなたの言葉そのもの
じゃなくて、表情とか印象とかそれこそ
エネルギーを通して、
「この人は何を知りたいのか」の
本質を読み取る事ができるのだから。
そこで相手も、初めて的確な答えを、
あなたに送る事ができる。

それが「欲しかった答え」なのです。

だから、聞いた方が良いし、うまく
聞けなくても言葉にした方が良い。
知りたいという「想い」だけで伝わる。
伝われば、答えが出るから。
相手は、色んなことを知っているけれど
あなたのほしい答えを的確に出すには、
何がほしいのかを知らなければならない。
そこを伝えてほしいんです。

そんな風に、質問一つでも、ほんとうは
こういう事だったのか、というところを
少しずつ言語化している気がしますし、
それをこれからもっと意識していきたい。


■ お問い合わせ、お申し込みは、こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-03-18 20:54 | 数秘 | Comments(0)

数秘と心の仕組みで、ほんとうの自分を生きるお手伝いをしています。


by のりこ