<   2018年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

価値とか認定とか

暑い夏ですが、いかがお過ごしですか?
私は暑さには強い方で、暑いとは思っても、
そう不快に感じることはないんです。
別に海が好きでもなんでもないですが、
体(肉体)が緩みやすいんです、力が緩む。
だから夏が体に合っているんじゃないかな
と思っています。
でも、35度超えると出なかった蚊が、
気温が少し下がって過ごしやすくなると
途端に出てきて、よく噛まれています。

ところで。
「あなたはそのままで価値がある」
ってあるじゃないですか。
あれ、そうなんだけど、そうなんだけど
どこかに違和感があったのを
前にそういうことかーって思いいたって、
今日はそれをちょっと書いてみようかと。

「価値がある」うん、そうです。
人それぞれ、誰もが尊いという意味で、
誰しもに価値がある。
でもそれは、誰かに認めて貰うものでも
フラットな基準があるわけでもなく、
「人というものは平等である」という
精神に基づいて、そういう説明ができる
というだけのものなのです。

つまり例えば誰もが呼吸をしているけれど、
そこに「誰々の方が多く吸った!」なんて
比較や争いがないのと同じように、
価値も、どの程度あるかとか、
誰に認められたとか、
あらゆる基準は実は全くなくって、
それぞれに価値があるともいえるけれど、
価値とかそんな話を持ち出さなくとも
もう当たり前に大切な存在だよね、
むしろその確認いる?という話です。

その価値とやらが自分の何かを
押し上げてくれるわけでも、
人生の幸福度を約束してくれるわけでもない
そもそも幻想なんです。
でもその幻想は「快楽」ですから、
そこに人は執着しがちになるわけですね。

で、それだけのことですから、
価値があるとかないとか、欲しいとか
そういう事に時間やエネルギーを使うのは
あまり意味がないと常々思っていて、
それだけなら個人で好きにやってください
というだけの話なのですが。

ただね。
言葉にしておきたい、
大事なことが一つあると思っていて。

人間は、一つのことにしか意識を
向けることができません。
意識を向ける事ができないというのは
料理しながら子どもの宿題見て、あー
洗濯物ももう入れないと、あ、そうだ、
明日のためにこれやっとかないと、
のような「行動」の話ではなく

もっと抽象度を上げて考えた時の、
「価値があるかないかにこだわっている」
「自分には価値があるのだろうか」
なんでもいいのですがその「価値」に
意識が向いている時、

あらゆる事が、二元的になっています。
(ざっくり言うと、自分の感覚ではなく
良い悪いが基準になってる)
仕事をしていても楽しくとか、純粋に
会社に利益を、と思いながらではなく
「仕事できない人と思われたくない」
「どうして同僚のあの人はこうなの?」
「もっとわかってほしい」など
言葉にして書くと印象が強くなるので
「別にそんなこと思っていませんけど」
と、感じるかもしれませんが、

心のどこかで
「ミスをしなかったらホッとする」とか
「休んだらなんて思われるかな」とか
もちろん仕事だけの話ではなくて、
「子どもに言うこと聞いてほしい」とか
「約束を守ってくれなくてイラっとする」
とかあるじゃないですか、

その時は「自分の価値」のあるなしに
意識が向いているという事が言えて、
そういう時間が長ければ長いほど
幸せだと感じる事よりも、
「自分には価値があるかないか」について
気にしたり、価値を上げようとしていて、
表面上はどんな風に見えても
心は緊張状態で、幸福度が低いです。

自分に価値があるのかないのか、なんて
非常に不毛な事を長く考えていたり、
誰かに「あなたには価値がある」
「だからそのままでいい」なんて言われて
それで表面的な安心を得る、のような
自分の幸福度をあげてくれないものに
意識を向けるよりも、もっとちがう方に
意識を向けた方が幸せですよって事。
要はそういう事です。

価値って求めると、受け身ですもんね。
誰かがそう言ってくれるの待ちって事。
そうすると今度は無意識に、
言わせよう言わせようとしてしまうので、
相手へのコントロールになりやすく、
ますます言ってもくれないし、
認めてもくれない、
というスパイラルに入ります。

そもそも、言ってもらったり
認めてもらったりするもんじゃないので、
そこから抜ける視点を持つ事が一番大事。

世の中「認定講座」が流行っておりますが、
国家資格でもない、どんな立派に見えても
主観的な意識でしかないたった「1人」に
認めてもらう免許とか認定って、
非常に危険なのではないかと
個人的には思います。
特定の誰かとか何かに対しての話ではなく
まだ「二元的な組織」の視点でいるから
そうなるんだと思うんですけれど。

中には自分が人生拗らせまくっているのに!
って人も認定講座やっているし、
そんな人こそ「自分の価値を証明するために」
認定講座やっているんだろうなと思います。
どんなに上手いこと言っててもね。

私自身も認定された経験があり、
だからこそ見えている部分でもあるのですが
技術に対して、知識を得ることに対して
対価が発生するのは大事な事ですが、
それと、制限作って囲い込むのは別の話。
その辺が曖昧になっているのかもしれません
世の中は。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-07-27 18:48 | 潜在意識 | Comments(6)

息子の夏休み

夏休みに入りました。
今日はちょっと普通の話。

息子は高校生で、昨日、大学生の友人と
5人くらいで、夕飯を食べにいきました。
11時過ぎると補導されることもあるし、
我が家でもそれ以上遅くなることは
基本的にNGにしているのですが、
その日、留学から帰ってきたメンバーも
いたりして、盛り上がっていたようで、

11時過ぎてから「遅くなるー」と
私にラインがきました。
「なぜ今?」
「気がつかなかった」
「帰ってきなさい」
「でも今食べてるから。」
「何時になるの?」
「2時とか?」(2時⁈って思いましたが
そしてまさかの疑問形www)
大学生がいなかったら即NG案件ですが。

その上、
「今日◯◯(食事のメンバーのうちの一人で
うちのすぐ近所)の家に泊まっていい?」
と言うので無視したら、電話してきたので
「ダメです」と返事をしました。

私はある面ではすごく厳しいのですが、
交友関係は、できるだけ制限していません。
友達は宝物だと思うからです。

ただ今回、承知できなかったのは、
彼が受け身になっているからです。
11時過ぎてから「遅くなる」とか
何時か聞いてから時間を伝えるとか
こっちが聞いた事に反応しているだけで、
自分の方から何ができるかという事を
考えていない受け身の姿勢でいます。
そういう時は
起こる結果の幸福度が低くなりますから、
昼夜関係なくリスク高いです。

私がダメだと言う時は、
ルールを守れていないからでもなく
(ルールなんて私もしょっちゅう破ってる)
単純に夜中は危ない、という世間一般的な
感じ方からでもなく、
その本人が受け身でいる時だけです。
(もちろん反社会的なもの等はNGですが
幸福度が高い時にそれを選択することも
心理的にはないので)

以前、鎌倉に初詣に行くという話の時は、
事前にメンバーや場所を、
「私が聞く前に」彼の方から話してきて、
その言動からの安心感があって、
だから、夜に外をふらふらしていても、
特に何も思いませんでした。
本人も素晴らしい1日になったようです。

その時はお正月で他に人も大勢いるから
とか関係ないです。
彼が「こうしようと思うんだけど、良い?」
と能動的に行動しているということが
大事なんです。

昨日は「だって急に決まったから」と
彼も言いましたが、例えそうでも、
気持ちが能動的であれば、言葉が違うはず。

「お母さん、気がつかず11時過ぎたけど、
実はこれから◯◯の家に行こうって話に
なって、メンバーは誰々で、ずっとみんなと
一緒に行動して、明日の朝は何時に帰る
予定にしてるんだけど、行ってもいい?」
みたいになると思います。

私的にはそれならオッケーです。
どういう状況でも、能動的でいる事や、
今できる事を創造する事は可能です。
まだまだ未熟で、楽で楽しい方に流される
時もある高校生です。
でも、能動的視点でいる時も多く、
そういう時はミラクルのように引き寄せを
起こしていて、前向きで幸福度が高く、
必然的に友達のことや学校のことなどを
よく話してくれます。
世の中って、要は能動か受動か、しかなく、
幸福の明暗もそこで分かれます。

高校生って、ある程度自由に行動していて、
でもまだ子どもでもあり、
手の離し方に迷う親もいるかもしれない。
ここで書いている事も、
私はこうだよっていうだけの話です。

私は毎日、幸福度を高くするワークで
エネルギーを整えています。
カンタンだけど地味な毎日の作業は、
意外と重要です。
ワークそのものを息子にやろうとしても、
めっちゃ嫌がられるので、会話の中に
自然に混ぜています。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-07-23 10:58 | 潜在意識 | Comments(0)

備忘録

引き寄せだとか願望達成だとか、
そういった種類の本によくある内容や
セミナーなどで話されている内容も、
仮にそれに大金を払ったとしても、
私たちが知り得る事が可能な程度のものは、
その情報が届く頃には薄まっていたり、
そこに至るまでのいろんな意図により
捻じ曲げられたりしていて、
細部まで正確な情報は、伝わらない。

例えば投資などの、お金に関する
ほんとうの価値ある情報は、
上の方の人だけでまわっていて、
その辺の本には書かれていないし
(書かれていたとしても、末端向け)

どんなにお金だけあっても、
その層にいなければ入ってこない情報や、
買えないものがある。
お金は後づけなんですよね。
お金じゃなくて、情報を持っているから
結果的にお金になる。

これはもしかして、引き寄せや成功法則も
同じなのではないだろうかと思っていて。

ロンダバーンの「ザ・シークレット」は
思考が現実化するという秘密を、
富裕層の中でしか語られなかった秘密を
解き明かしている、という話ですが、
(読んでないんですが)

おそらく今も、むしろ今はもっと巧妙に
そういう話が存在するんじゃないかと
漠然と感じています。
色んな人の口から、
「体験」は真実として語られているけれど、
(その体験すら、嘘も多いですけれど)
いわばただの個人の感想なわけです。
「法則」は語られていない感じがする。
きっと大事なのはそこだと思うのに。
皆がぐるぐる同じところを回り続けていて、
それを上から見ている人がいる。

どれだけ語っていても、
その色んなフィルターがかかった、
モヤっとした末端の情報に食いつきながら、
ちょっとだけ広い気がする程度の枠の中で
我々は、あーだこーだしているわけで。
狭い世界で一国一城の主になった
気がしているだけの小さい人でしかない。

ではそこから、私たちは、
何を生む事ができるのだろうか、と思うし、
自分なりにそこに喜びがあって、
なぜかこういう事が楽しく感じます。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-07-22 10:16 | 潜在意識 | Comments(2)

変容

昔から心のどこかで、人に恋する事や
嫉妬してしまう事、思う通りにいかない事
自然災害や、ある日突然事故に遭う事、
そういう偶発的に見えるように起こる事も
実は何らかの法則性があって、
全て説明できるんじゃないかって
思っていました。

最近の自分の心の平安が、圧倒的な
科学的根拠に基づいているのだと
わかった時にそれを思い出しました。

そうすると、誰かがこう言って、すると
こう感じて、だからこういう行動に出て、
結果的にこうなる、という事だって、
当たり前すぎるほど当たり前に見えてくる。

当たる占い師だってカウンセラーだって
何にだってなれる。

でもむしろ、何にだってなれるとわかった
時には、何にもなろうとしない自分がいる
という事もわかったんです。
やりたい人がいればやれば良い。
皆それぞれ、なりたい自分を
生きることができるというそれだけだから。

手に入れられるということがわかったなら
お金も名誉も、逆に必要がなくなった。

悟りを開いて精神世界で生きていこうとか
そういう生き方を今後するわけでもなく、
むしろ、これまで以上に現実的に生きて、
物事を具現化していくと思います。
思い描いた事をそのまま形にしていける、
その確認作業です。
楽でもないんですが、心の平安があると
むしろ楽(手抜き)を求めなくなります。

ここまで書いて、手堅い仕事を辞めて、
引き寄せを11年ほども実践された方の
ブログを思い出しました。
その方の引き寄せの理論?研究結果は
私のそれとは違うものでしたが、やはり
体感の先に、楽ちんがあるわけでなく、
今はこういう活動をされています。

絶対的心の平安を得たにしても、それでも
私もまだまだ成長過程にあります。
完成されているわけでもないし、
行きつ戻りつしています。
それでも、やっと、求めていた場所に
たどり着いたという感覚もあります。

この世の中がどうなっているのか知りたい。
そして自分で世界を創造するということが、
完璧なまでに再現性高くそれを可能にできる
その仕組みと方法を知りたかった。
そしてそれを理論で説明できる事。

なぜ何かを得るにはまず出すのか。
なぜ「良い気分」でいる必要があるのか
良い気分でいると、良い現実を連れてくる
のはなぜか。
ゾゾスーツはなぜなかなか届かないのか。
潜在数秘術協会という世界から抜けて、
数字の持つ意味や解釈を、
誰かから与えられたものではなく、
自分の言葉に紡ぎ直す事を通して、
個ではなく、役割を考えて生きる事や、
その先に、個以上の個の幸せを得られる事
そんなことも見えてきた。
ありとあらゆる事が、自分なりにですが
クリアに見えてきているところです。

今後の活動はよくわからないけれど、
ひとまずエイブラハムの謎の翻訳と
そこに潜むビジネスの意図を洗い出し、
自分なりに真実を理解し直すこと。

理論と仕組みを誰にでもわかる言葉で
説明できるようになる事。

そんな事を深める夏になると思います。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-07-21 11:27 | 潜在意識 | Comments(0)

子どもへのギフト

結果的に「あの時は勇気づけられたな」
と、本人が思うことはあっても、

例え親であっても他人が、
勇気づける、なんてことはできないし

「あの時背中を押されたな」と、
子どもが結果的に思うことはあっても

親が背中を押して良いってことではなく。

気づいた時が「気づき」なのであって
気づきを促すなんてこともできやしないし
やれたとしても何様だと思う。

そういうことをしようとする時、
それは、どんなに高尚な理由があっても
相手へのコントロールだと思う。

例えば子育てなら、

養育をすること(社会通念上必要とされる
監督、保護をする事)と、

見える問題を起こさないで、勉強もやって
順当に進学進級し、仕事について、のような
それが子どもの幸福だと思い違いしている、
実は親が安心したいだけの人間に
育て上げることは全然違う。

何かやらかした時、やらかしてはじめて
あぁこんなに嫌な気分になるのだと、
身にしみて体感することで、
得られるものは大きいと思うし、
100回叱られるよりもずっと、
結果的に再発防止につながっていく。
そうした体験が、同じように失敗をする
他人を許せる優しさも備わる事につながる。

想像した通りにいかないという経験から
(俗にいう「失敗」ですが)
じゃあどうすればうまくいくのだろうと、
考える力が養われるし、
その繰り返しが、人生においても、
どんな岐路に立たされても、自分で
切り開けることにつながっていくし、
心のもっともっと奥では、
いつでも自分でなんとかする事ができる
という潜在的かつ絶対的な安心感が培われ、
日々の暮らしを根底から平安に導いていく。
そうすると、表面上は何が起こっても、
土台は揺らぐことがなく、いつも幸福で
能動的でありながらリラックスしていて
質の良い動力となるから、
お金やパートナーなどの現実的な幸福度も
当然、上がっていく。

ここに導くことが、結果的にできるなら、
それが親から子どもへの、最高のギフトに
なるんじゃないのかなと思う。

子どもには、経済的なことや人間関係で
恵まれていてほしいと私も思います。
それは人並みにそう思うよ。ただね、
同じ恵まれるにしても、その恵まれ方が
もっと大事だと思うわけです。
単純にどこかから与えられるだけじゃ、
与えられなくなった時におしまいになる。
だから潜在的には不安を抱える事になる。
仮に本人が頑張れば手に入るとしても、
手に入れるためには頑張り続ける必要があり
そのうち行き詰まる。
自分次第ではなく、他者評価になるし、
外側の事情や誰かの感情に振り回される。

そうではなく、どんな状況であれ、
自分の幸福を、子ども自身がいつでも
自分で作り出せる事ができるのなら、
親としてこれほど安心な事はないわけです。
幸せでいることを選べて実践できるのだから。

今私は、自分がいなくても息子は大丈夫だと
毎日そう思えます。
これが「いつ死んでも良い」と思える、
悔いのない人生なのだと思います。
でももちろん、やりたい事は沢山あるので、
死ぬつもりはまるでないですけれど。

勇気をつけてあげたつもりで、声がけしても
安心しているのは親だけ。
背中を押しても、誰でもデフォルトで
思う方向へなんて進んでくれない。
その時にはイライラするんじゃない?
それこそ「じゃあ押すなよ」って話ですよね。

じゃあ親は何をすれば良いのか。
それは「触媒」であること。
自分の主観を押しつけず、コントロールせず、
結果として、影響を与えることになる……
かもしれないそんな存在です。
子どもが自由に、親の持つものの中から、
自身の幸福につながっていくものを、
拾ってくれるから。

今年ももう夏休みですね。
去年やった「夏休みの過ごし方講座」の
効果を感じられている方が増えています。
今年はうっかり告知、忘れていました。

もし個人でも、興味ある方は
お問い合わせください。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-07-16 13:23 | 潜在意識 | Comments(0)

引き寄せは理論である。

ご無沙汰しておりました。

忙しかったとか、そういうことではなく、
書かなかったからです。
ここ数ヶ月で激変している事もあるし、
真理に近づいていると思えば思うほど
黙る、D7性質でもあります。

世の中でいう「引き寄せ」というものは、
特定のパートナーやお金などの
都合の良いものを手に入れるという
そういう意味で使われがちですが、
本当はそんなことじゃないってことも、
みんな気がついてきている。

じゃあお金やパートナーが引き寄るって
現実を手に入れている人もいるし、
引き寄らない人もいるし、
それは一体なんなのか?という事に対する
自分なりの最終的な結論の大枠に
達したのがここ2ヶ月の間のことでした。

思考は現実化するという、その「思考」は
主観的で法則性に乏しく、曖昧で、だから
具体的に現実化するには、再現性が低い、
あるいは安定しないって思いやすいけれど。

実はもっとシンプルな法則に基づいたもの
だった事がわかったわけです。
あ、なんだ、再現カンタンだった。
そこで不思議なのですが、だからといって
今の状態の私が
バンバンお金を引き寄せているわけでもなく
仕事で右肩上がりで成功しているわけでも、
モテモテになっているわけでもなく。

ただただ心の安寧の中にいて、
大きなビジョンを持ちながらも、毎日の
家族やパートナーとの何でもない暮らしを
楽しんでいる。目の前の仕事をしている。
何より譲れない、自分の時間の使い方を
自由に設計する、やりたくない事はしない
これが充分満たされている状態です。

え、そんな地味なものじゃなくて、もっと
わかりやすいもの引き寄せれば良いのにと、
以前の私ならそう思ったと思うんです。
なんでも自由に引き寄せられるんでしょ?

これはとても逆説的だけれども、
いわゆる引き寄せが理解できて、
自由に(というのはコントロールではなく
心が感じるままに)再現できるようになると
ただ単純にお金を引き寄せることが、
死に金を引き寄せる事になるとわかるし、
ただ単純にパートナーを引き寄せる事が、
幸せにならないと心から分かる。
そんなものに意味はないと理解できる。
頭の理解だけじゃなく、体感でしみじみと。
だから、直接そこは引き寄せないんです。
(そういうわかりやすいものを引き寄せて
発信している人は、実はわかってない
んじゃないかなと思っています。)

心の平安の先にしか、自分にとって最高の
お金やパートナーは、ありえない。でも
心の平安なんて、目に見えないですから、
引き寄せの真意は、実は思っているよりも
ずっと地味なんですよね。
(という事は、ビジネスにしにくい。
だからお金儲けしたい人は、無意識に
扱わない=わかってない)

実はそれがわかる事が、
真に引き寄せを理解する事だと思う。
心の平安を自分でいつでも再現できれば、
その先に、幸せなお金や人間関係が、
生まれるなと言っても自然に生まれる。
だから無理して何かする必要はなくなる。

よく「お金があってもなくても幸せ」と
言われてもいまいち納得できないのは、
心の平安を得る前の状態にあるお金と、
心の平安を得た先の状態にあるお金の、
区別がついていないからなんですよね。

心の平安がない状態の自分は、表面上は
例え仲良しの家族がいて仕事も安定して
どれだけ幸せそうでも、
心の奥は不安だったり、
満たされていないのだから、本能的に
その心地悪い心の状態を解消するために
お金を使います。あるいは得ます。

嫌われる不安がある人は、嫌われない為に
自分を綺麗にしたり、
人に贈り物をしたりする。
よくわからない不満があると、
必要のない買い物で解消したりする。
どうしたら良い仕事を得られるの?という
就職の不安がある人は、
絶対ここ!と自分で思えていない学校に
大金払って通う。
またはいざという時のために資格を取る。
お金の不安がある人は、貯金を増やそうと
好きでもない仕事でお金を稼ぐ、
そんなことをしがちだけれど

不安を解消するためのお金は、
使うにしても稼ぐにしても死に金です。
それにここが一番残念な事なのですが、
一番の目的のはずの不安解消はされません。

平安っていうのは、それぞれの心の中に
あるものなので、お金で買えないんです。
そのかわり自分で、0円で作れるのだから、
作れば良いんです。
それが、お金があってもなくても、
幸せには関係ないという真意なんです。

で、世の中ではその満たし方について、
いろんな発信があるにはあるのですが、
心理学だ量子力学だと言いながらも、
実際説明されていることは精神論であり、
あまり根拠があるものだとは思えません。

6ヶ月プログラムの中では、少しずつ
根拠と理論と実践を、日々できることで
お伝えしています。
(現在は募集していません)
私、自分がこの講座、受けたかった。

理論と根拠は、理論派の人にも、
感覚派の人にも必要だと思っています。
感覚派の人こそ、自分で感じたその感覚を
自信を持って信じられるよう理論が必要だし、
理論派の人はふつうに腑に落ちると思うから。

私、ほんと生きてて良かった。
引き寄せなんて信じないっていう、
超現実的な人すら信じざるを得なかった程の、
シンプルな、明確な、
再現性が高いこの引き寄せのメカニズムと
実践を体感できてる今に、感謝してしまう。


■ 無料オンラインサロン
「グループ6歩」については こちら

■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

[PR]
by 4cubes | 2018-07-12 08:43 | 潜在意識 | Comments(0)

一元的視点の世界、物理化学の視点での引き寄せ、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ