人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブログ終了

ブログを終了します。

追記(2018年11月9日)

ブログは終了しますが、
数秘と潜在意識の研究は継続しますし、
おもしろいお仕事の依頼は受け付けています。
お問い合わせよりお願いします。

ブログの存在もまだない20年ほど前、
Webで日記をつけ始めた時からずっと
何かしら書いているので、
まあまあ自分の体の一部にはなっているし、
書くのが好きで、書きたい事もまだまだある。
ありがたいことにネタも尽きません。

その上でこのブログはやめることにしました。
記事と、お問い合わせ、残しておきます。

オンラインサロンは、私が考えていたものと
少し違うようなので、近日中に消します。
登録してくださった方ありがとう。

もし何らかの発信がほしい人は、
インスタやっていますのでそちらで。

ここにきてくださった全ての方に。
どうもありがとう。


■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

by 4cubes | 2018-11-07 00:51 | 潜在意識

ざわつくことが大事

このブログは読者数も少ないですし、
普段メッセージが頻繁にくることもないのに
今日の息子の話のあと、4件も
要は「ざわつきました」といった
メッセージをいただきました。

子どもが自分で自由に未来を切り開けるように
なってほしい。でもなかなかうまくいかない。
なのに他人(私)はそれをすでにやっている。
もしもそういうことなのだとしたら、
そりゃざわつくでしょう。
心の底から願ってやまないものを、
すでに持っている人がいるのだから。
過去の私もそうでしたからよくわかります。

でも、その感覚こそが人を、現実を変える。
だからとても大切なことで。
そして、一旦ざわついたら、それを越えるまで
ざわつきは続き、後戻りもできないんです。
でも気持ち悪いし、そこを見ないようにして、
なんとかやり過ごそうと思うのですが、
後戻りできないために、ずっと引きずります。
不安やざわつきは、現実を変えるために
物理的にも必ず必要なものなので、
必要だから、ある。
観念的に「それはあなたにとって必然」
みたいな言葉がありますが、それではなく、
不安定と変化は、セットであり、
切り離せないものだからです。

特に子育ては期限付きですから、
取り返しがつかないものの1つだと思う。

私も、ざわざわしたところは怖くとも見た。
意味がわからないし、霧の中にいるように、
すっきりとしたものは何も見えず、
ほんと手探りでした。手応えも感じられず、
整合性は取れず、どこをどうして良いか見えず、
それでも。
なんだか分からないけれど目だけは逸らさず
ざわざわする人こそ会いに行く、そこから学ぶ、
嫌な気持ちにも何度もなってきて。
絶望もして、でもその絶望すらまだ甘くて、
もっと先があって、いつになったら終わるの?
そういう事を通して、得たことで、
これは違う、あれは違う、どんなに有名な人の
話でも全部自分の気持ちに従って、
違和感があるところは全部潰してきたし、
その全てに説明ができるようにしてきた。

それをまとめたものを講座にしています。

私の講座は、
人によってはムカつくことも多いと思います。
私ははっきり言うからです。
でもムカついた方が、望みの成果に
繋がりやすいことは確かです。
だから、1mmも好かれようと思わないし、
講座中は、友達になろうとも思っていない。
だから私にとって講座開催っていうのは、
決してワクワクではないのですけれども。

ま、それはともかく、どうして長期講座を
やってきたかというと、一言で言うと

子育てしている主婦が、今の世の中で
残念ながら、一番の情報弱者だからです。

学歴もあり、スマホなどの情報機器も使い、
新しい情報に疎いわけではないのだから、
そうは思えない人が多いと思うけれども、
実際はそうなのです。
それはもう絶望的に。
だから、目の前の女性たちに少しずつ、
大事な事を伝えようと思ったんじゃないか、
と今思えばそうなのですが、
でも、どうも、やっぱり時間が足りないし、
ここらでアプローチを変えていこうと思い
ひとまず最後の講座にしたわけです。

「普通の幸せでいい」って、昨日話題にも
上がった話で、みんなよくそれ言うけれど、
「普通の幸せ」なんてないから。
「普通」って意味がよく分からないのですが、
「普通でいい」って言っている時は、
その「普通の幸せ」は手に入らないです。
普通「で」の「で」がまず妥協点ですし、
妥協しているならそれは、そもそも幸せ?

日常会話の細かいところに自己矛盾はあり、
そういうのは、心の奥が言葉になって、
表に出ている現象です。
その言葉から自己矛盾を洗い出す事も
できるし、気が付いた時から変えていける。

言葉は魔法だと思う。

文字にも音にもならない、行間とか、
話さない、という表現からも言葉を感じて、
その人の心が何かを訴えているのがわかるし
ただ表面的な意思の疎通を図るための
それは道具などではなく、
その人の持つ人生を豊かに表現する手段だ。

非常に強い怒りで満ちているときでさえ、
私は、自分が発する言葉のひとつひとつを、
もう1人の私が聞いてさらに音読していて、
いわゆるそれも「俯瞰」なのかも
しれないですけれど、
さらに自分の話す一文字一文字、
脈ではなく、文字のひとつひとつですら、
相手へどう伝わるかを自分で捉えながら
話している自分がいる。例えばそこに、
微細なコントロールが入っていると思えば
それをすぐさま自分でキャッチして、
自分を整え、すぐにまた別の言葉で補い、
相手との関係性をナチュラルに戻すことも
できる。
テクニックといえばそうかもしれないけれど
ひとつひとつの言葉や意味をなさない文字も、
発する時にはそこに自己矛盾がないか、
自分で精査しながら外に出しています。

そうやって紡ぎ出していく過程は、
自分の内側ではアートになっていて、
外に出していく時には、デザインされた
言葉になっているのかもしれないです。



■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

by 4cubes | 2018-11-06 08:05 | 潜在意識

ワークアズライフ

ワークライフバランス(仕事、睡眠、生活を
分けて生きる生き方)ではなく、
これからは「ワークアズライフ」という
(睡眠以外の時間全てが仕事であり趣味である)
生き方の時代になる、というのは
落合陽一の言葉なのですが。

つまり、仕事の時間、プライベートの時間、と
分けないで、全てが仕事に繋がりつつ、
どれもが楽しく、好きなことである暮らし方。
私もこれは大事だと思う。
楽しい旅行が仕事のストレス発散になったり、
旅行があるから仕事を頑張れるというのは、
自然ではなく、仕事も旅行と同じくらい、
楽しくすることの方が大事だと思っているし
恒常的な幸福感というのは、そういう環境も
含めてのことだと思うから。

それで、よく見ると、
息子がワークアズライフの生き方をしていて。
高校生ですが、卒業したら通いたい学校があり、
距離的に通えず、一人暮らしになるので
その資金を貯めるために、

メルカリで物を売ったり、
時間制のバイトをするのは想像しやすいですが、
自分の得意を活かしてそれをお金にしたり、
人脈を生かして生活コストを下げる。
人脈は好きなことで繋がって広げていく。
その中で、自分のファンを作り、恋もして、
交流のために新幹線で出かけて行って、
好きなことにお金もドンと使うけれど、
不要なところには一切使わず、残していく。

週末のイベント1日のためだけに髪を染め、
週明けの登校に間に合うように黒に戻してた。
でもそれを「もったいない」とは思わずに
好きなことにぶっこんでいく。

大胆に遊びつつ、メルカリでは、
いわゆるメルカリ術も自然に使いつつ、
聞いたこともないようなテクニックを使って、
少しでも高く売れるように細かいこともやり、
自分でできないところは友達の手も借りる。
そこでまたコミュニケーションが生まれていく。

時間を有効に使うために、
学校の勉強は授業で覚えてくるようになるし、
不要な寄り道をしないで帰ってくるし、
むしろ生活リズムは整っている気がする。

恋をすることも、
イベントも、
学校も、
試験も、
バイトも、
やっている事が違ってもそこに垣根はなく、
彼の生活は流れるように自然に見える。

これが今の子か!と思わずにいられない。
本当に学ぶところが多くあります。

自由にやっているし、好きなこと存分にして、
学校のことも結果的に疎かにならず、
進学先につながる科目をがっつり選択して、
(あんなに苦手な英語までしっかり取り)
進学したら習い始める事も、
今からすでに少しずつプロに教わっています。
その人脈も、好きな事を通して作っています。
学校に入ってから専門を学ぶ、ですらない。
高校生でありながら体感ですでに学びつつ、
その延長線上に、次の学校がある。
習熟度も違ってくるんじゃないかと思う。

おもしろいのは、誰にでもできるという事。
好きな事を好きなだけやったら、
形こそ違えど、こうなっていくのがわかる。
だって、そのために必要なツールはもう
この世にあるからです。

そのためにまず、親は本当に制限なく、
子どもを自由にしていくことからだと思う。

私も最初は「そうはいっても少しは勉強を」
とか「そんなとこ行って大丈夫???」とか
長時間のゲームにモヤッたりもしました。
でもこれって、誤解を恐れず言うと、
10人並みのごく普通のお母さんでしょ?
なんなら昭和の価値観のお母さんでしょ?
その影響を受ける子どもは、
未来の可能性をいっぱい秘めているのに、
古い価値観を植えつけられて、制限されて、
物凄く中途半端な感じに、
なんの個性も才能も感じられない、
そんな状態の1人になってしまう気がする。
そんな人生、当然、迷走するでしょう。
そのもう1つの怖さの方が長い目で見ると
とても大きく、私には恐怖だったから、
どうありたいか、に愚直に寄せてった。

幸福度の高い人生を自分でクリエイション
していける子になってほしい。

それをやろうと思ったら、口うるさい
昭和のお母さんじゃダメなんですよね。
でもそれさえやめたら、叶うのだから凄い。
リスクくらい取るよ。

天才とかがいるのではなくて、
本当に誰もが天才性を備えていて、
いかにそれを自由にオープンにして、
自然な形で発揮できるか、にかかってると
私は本気で思う。

もう1つ重要なことは、自由に生きるのは
もちろん、それが一元的である必要がある。
二元的な「自分を生きる」人や現実は、
いっとき、もてはやされてもいたのですが、
実際に今、終焉を迎えています。
つまり自由に生きる事が単なるワガママだ
と認識される場合があり、それは社会との
調和がとれていないので起こるのですが、
一元であればそれがないからです。

ーーーーーーーー

最後の6ヶ月プログラム、やります。
東京で月1集合、半年間ラインでサポート。
限定3名様。

●物理学的引き寄せ理論
●一元の生き方
●社会的役割で自分を使い倒す
●言語パターン心理、完全理解
●子どもを完全に自由に、幸福度高く
●世の中の仕組みとこれからを理解。
●不安からの解放
(不安というものの完全理解からの解放)
●能動的な生き方の完全理解

◎人間関係の不安を解消する
◎好きなことを仕事にする、続ける
◎自分を深く知って、人生に活かす

曖昧な言葉は全く使わず、普通の言葉、
当たり前の言葉だけを使います。
世の中のあらゆるスピリチュアルの話の、
真理はごく当たり前の話だからです。

今の世界は何が起こっているのか、
奥まで正しく理解し、どう自分の人生に、
家族の人生に活かしていくのか、その
深い理解の先にある幸福度を目指します。
トラウマも、不安も、悩みも、
深い理解が解決します。

かなりがっつりやると思いますので、
忙しい日常生活の中でも、学び、理解し、
実践していこう、取りにいこうという
能動的な気持ちのある方に向いています。

お一人様 30万円

お2人以上の申し込みで開催します。
2018年12月〜2019年5月。
基本的に第2火曜日。
11時〜16時。


■ お問い合わせ、お申し込みは
こちら からお願いします。

by 4cubes | 2018-11-05 08:54 | 潜在意識

一元視点で物を見つめ、物理化学の視点での引き寄せ、人の性質の分析解析を得意としています。、現在個別対応のみ承っています。


by のりこ
画像一覧
更新通知を受け取る